So-net無料ブログ作成

お小夜の里帰り(という夢を見たんだ) [夢を見た]

その夢の世界では、刀剣男士たちは審神者の力によって刀より顕現をした存在ではなく、何らかの事情があって集められた集団のようです。
一般社会で生活をしていた刀剣男士が審神者のもとに集められた訳で、彼らは人とは異なるものの人のなりをして社会に溶け込んで生きていたようです。
人として生まれてきたのかはわかんない。刀としての記憶(元の主とか刀派とか、誰と一緒にいたとか)はあるみたい。だから集まってしまえばいつもの本丸の刀剣男士たちと、その人間関係っぽいかな。
ある日突然、政府から「あなたは刀剣男士なので集まってください」という通達が来て、今までの生活から刀剣男士としての生活が始まるような?
あれだ。魔法学校から「あなた魔法使いだから学校においで」みたいな感じで通知が来て集まるような。学校とはちょっと違うけど、そんな感じで集まってきて集団生活してる。
まあ何となく全国から集められた特殊集団ってことで。
詳しくは語られていないので、夢の中の雰囲気から解釈するとこんな感じのようです。
以上前置き!

その刀剣男士たちが何かの目的をもって本丸から地方遠征をしたんですよ。
たぶんもれなく全員。引率の先生(審神者)も一緒にいると思うから(夢には現れず)、あの一団を率いて出かけたようです。その目的はよくはわからない。
夢は、その遠征の帰り道が舞台です。
2両ほどの列車をほぼ貸し切り状態(指定席ではないのでそれぞればらけて乗ってますが、まあ2両分くらいの席を埋めてます)の刀剣男士たちが、旅の思い出をそれぞれ語らいながら帰路についてました。
もうすっかり目的も遂げているので刀剣男士たちはすっかりオフな気分です。旅行というかプライベートというか、結構はしゃいでる感じ。
私は和泉守兼定で、他の男士たち(獅子王とか)とひとしきり騒いだ後相棒がキープしているであろう席を探すことに。
案の定堀川国広はドリンクカウンター前(バーテンがいてサーブしてくれます)の窓際をキープしていてくれて、堀川と対面で座る感じで外の景色を見ながら旅の話をしていました。
私(=兼さん)は列車の中が興味津々で探検がしたくてたまらないし、ドリンクカウンターで何か頼みたくて仕方ない好奇心の塊のような感じで、でも堀川国広が前にいるからちょっとカッコつけて落ち着いて座ってる風を装っているんだけど、そわそわしているのを見破られているような状態でした。
そこに小夜左文字が「歌仙が呼んでる」と呼びに来ました。いつも無表情であまり笑ったところを見ない小夜が相変わらずの無表情で、歌仙からの伝言を伝えに来たので、私(=兼さん)はちょっとドキドキ。
歌仙は嫌いではないし、同じ刀派なので親近感はあるものの、色々と兼さんがやらかした時に真っ先に怒りに来るうっとおしい兄のようなポジションなので、呼び出しを受けると何か怒られるんじゃないかとドキドキします。
さっきまで列車の中で騒いでたし、遠征先でも色々とやらかしたような気がするので怒られるんじゃないかな?と、心当たりを探りつつ、小夜と歌仙のもとへ。
歌仙はほかの刀剣男士たちと同じ車両にいるものの、一人で静かに景色を眺めてました。
小夜と私(=兼さん)が近づいていくと、気づいたのか席を空けて座るように促し、旅の話を始めます。
旅先が割と緑豊かな所なので、その風流さとかなんとか。兼さんはそういうの疎いので話半分で聞いてました(えへ)。
そうしたら、歌仙が一言。

「お小夜のおじいさんとおばあさんも喜んでたんじゃないかな?」

今回の遠征は小夜の故郷近くだったので、ついでの寄り道で彼が今まで住んでいた所をみんなで尋ねたんです。
彼はほかの左文字と一緒にいたわけではなく、おじいさんとおばあさんの手によって世話をされていました。まるで孫と祖父母のような関係でしたが、血のつながりがあるわけではなく縁あっておじいさんとおばあさんが小夜を引き取って世話をしていたようです。
この話が出た時に、小夜は少し微笑んで「うん」と頷きました。まさかこんな形で会いに行けるとは思っていなかったので小夜もうれしそうです。

「じいさんたちもびっくりしたんじゃねぇの?小夜がこんな大勢の『お友達』連れてったんだからよぉ」

私(=兼さん)が小夜に茶化すように言いました。
小夜はどうやらおじいさんたちの家にいた時代は友人がいなかったようで、いつも一人でした。
元々社交的ではない小夜なので友人はできにくいですが、それでもこの刀剣男士たちの中では一人ぼっちにはならない状態です。左文字兄弟と一緒にいたり、歌仙と一緒にいたり、短刀たちと遊んだりもしています。
おじいさんたちと暮らしていたときは、どうやらそうではなかったらしく友達と呼べるような相手はいなかったようです。
なので、私(=兼さん)は、わざと「友達」を強調して小夜の過去をからかったんでしょうね。昔はボッチだったことを。
今は違うので笑い話にもなりましょうが、それでもいい気分にはならない話です。私(=兼さん)的にはおふざけだったんでしょうが。
ええ。歌仙に怒られました。そんな風に言うんじゃないって。どうして兼さんはわざわざ怒られるようなことをするかなあ(個人的感想)。
小夜は事実なのでそれほど傷ついたわけではないでしょうが、歌仙が私(=兼さん)を叱っているので、少しだけ仕返しをしようと思ったのでしょうか。
私(=兼さん)に聞いてきました。

「そういえば、ブーツはどこにあったの?」

刀剣男士たちは列車に乗ってる現在、完全に私服で思い思いの服装をしているのですが(周囲から浮かない服装)、現地では内番服や戦闘服でいたらしく(その割に荷物は手荷物程度。あれは変身でもして衣装替えしているの?)、もちろん屋内に上がるときには履物を脱ぐわけです。
どうやら私(=兼さん)は自分が脱いだブーツのありかを忘れてしまったようで。結局は見つかったみたいなのですが、いろんな人に「俺のブーツ知らねぇ?」って感じで聞いて回っていたようです。小夜はそれを知ってたんでしょうね。
私(=兼さん)は小夜のその言葉に「ゲッ」って感じの表情をすると、歌仙を見ます。案の定飽きれ半分怒る気満々の表情です。
その後も、歌仙の私(=兼さん)へのお小言が入りながら3人で旅の話をしましたとさ。

***************

という夢を見たんだ。
小夜は落ち着いた感じ、歌仙さんは落ち着いているけどほかの男士には積極的に絡みにはいかない。なんとなく小夜を使って兼さんを呼び出したのは、旅のことを語らいたかったからなんじゃないかな?と思います。でも、周りの男士とはそこまで語り合うだけの気安さはない。なんて言う孤高に咲く花。なんて人見知りなんだこの刀!!!
小夜には心を開いているっぽいので、細田組ゆえなんでしょうね。小夜も歌仙さんはほっとけないのかな?彼には左文字の兄たちもいるし、ほかの短刀とも仲がいいので割とコミュ力はあるっぽいです。歌仙さんよりすごくね?
で、同じ兼定なので歌仙さんは兼さんを弟のように思ってる風です。兼さんも(うっとおしいけど)頼れる兄のように思っているかもしれません。ややこしいことは堀川か歌仙に聞く!みたいな?
ほかの男士たちもわいわいがやがやと和やかな雰囲気でした。平和だわぁ。ホワイト本丸だわぁ。
私の脳内にある「我が本丸」での人間関係が反映しているのかもしれません。それで言うとうちの長谷部は割とひねくれてる長谷部なんだが大丈夫なんだろうか。

刀剣乱舞の世界は今や舞台だミュージカルだアニメだコミックだと「ちょっと待って!!」と叫びたくなるようなレベルで公式が萌えをブン投げてきています。
毎週のアニメな…あれはあかんわ…ものの見事に塵も残さず萌えで爆発四散するわ…
そんな中見た夢なので、やっぱり今年の私は刀尽くしのようです。

歌仙さんには仕事始めの日に茶をたててもらって「これを飲んで仕事始め頑張っておいで」と送り出されるという夢を見て以来、運命の相手なんじゃないかとは思っていますが個人的には兼さんが好きすぎて困る。


2016-10-31 19:25  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

TA [にっき。]

私は基本的にゲームはじっくりまったり時間をかけてやる派です。
だからロールプレイングゲーム大好きだし、バイオとかでもいろんなところを無駄に調べたりしています。
もちろん、タイマーがカウントダウンするようなゲームは努力しますが、基本的に寄り道大好きだったりもします。
そんな私に立ちはだかったのがドラクエビルダーズの「○日以内にクリア」の達成項目。
ドラクエビルダーズには全部で4章の物語があり、各章には「クリア項目」みたいなのがあって、これを達成するとフリービルドモードで作れるアイテムが増える、という仕組み。
特別な部屋をこしらえたり、各章の世界に点在する何かに挑戦していったり、そういういくつかの項目をクリアしていくもの。
その中にあるのが「○日以内にクリア」。
だらだらと部屋を作ったり世界を冒険してたらあっという間に日が暮れるこの世界で、タイムアタック!余計なことは排除して必要最低限でクリアする!
またねー。これで作れるようになるアイテムが便利なんだ。最強装備もだし魔法使える剣もだし空腹にならなくなる装備もあるし二段ジャンプもできる!
だからいつかはこの項目達成したいなあと思っていたわけです。

で、だ。
先日とあるゲーム実況を見ていてふいにビルダーズ熱が再燃しまして。
これはいっちょやったるかタイムアタック(TA)!という気分になったので始めてみました!!
現在第4章。いけるか?やれるか!?!?な状態です。

1章:メルキド 20日以内→16日でクリア
この章は楽でした。何せスタートダッシュができる!
ピリンと出会って彼女のお願いをいくつかこなすと「おなかすいた…」の合図とともに時間が動き出す。
逆に考えれば、彼女を放置し続ける限り時間は進まない!
この間にほしいものを片っ端から集めるのですよ。土と枝とキノコとお花とモモガキの実とおっさんを!!
この第1章での重要人物の一人、ロロンドというひげおっさん(萌えない)を探して連れてくるというクエストが発生するのですが、その前に助けに行けちゃうんです。なので、このおっさんを助けてそのままキメラを狩ってキメラの翼を作る。キメラの翼は時間短縮のために必要なアイテムだからね!結構な量のキメラをむしらないと翼作れないので、キメラを狩りつくす勢いで狩るのです。
そのあとはできるクエストを片っ端からやっていけば問題なかった。多少遊んでも大丈夫だった。発注前のクエストをこなしておいたとして、クエストが発注されたときにはすでにクリア済み!そのままクリア後のセリフに移行します。
ただ、青の旅の扉の向こうで魔物におびえてる人間を助けた後、その足で大サソリ退治とはがねの守りの図面をゲットしに行ったくらい。このために何往復もするのは馬鹿らしいし、大サソリは強敵だから味方がいたほうがいいし!!
ついでにお城のいろんなものを引っぺがして町のレベルアップに使えばそんなに苦労はしなかったかな?
ただ、どうしても「空飛ぶ靴」はほしかったので、リセット覚悟で探索をして、場所がわかったらリセットで速攻取りに行くというのをやりました。ええ、こういうのに限って攻略本で「この辺にあるよ」の範疇外にあるものです。
まほうの玉も最小限でいけたし、メルキドシールドは1個あれば十分だった。町が壊れるのはデフォ!

2章:リムルダール 30日以内→28日でクリア
計算できなかったのは患者の治るスピードでした。
あれな、3日かかる患者とかな。しかも材料取りに行ってたら一日たってたりとかな。
そりゃあちょっと寄り道はしたけどさ、4回くらい死んだけどさ。死ぬ時間帯はちょっと考えて死んでたからノーカンとしてもさ。なんか気が付いたらギリギリでした。
で、一晩寝ないと次の症状を訴えない患者を待つ間、暇だったし寝てるのめんどくさかったので町を作ってたら町レベルがカンストしました。
やっぱあれねー。私ああいうの好きだわ。作り始めたら止まらない。
それと「住民の寝る場所は作らない」ってのが重要でした。あいつら寝かしてたら町に入り込んだゴーストをだれが倒すっていうの。私は忙しいの!
住民のホスピタリティには全く考慮せず、病室のみベッドがあるというがあるというブラック病院になってました。病室のベッドが空いてても住民は眠らないのね。
これでも1周目の時は全員に個室作ったんだからね!!!マンションだけど!窓ないけど!

3章:マイラ 30日→22日
味方万歳!!
この章は敵が強いのと回復材の調達に難儀しました。
とにかくスタートがきつい。回復材はすぐに頭打ちになるし食料は少ないし敵は多いし!強いし!
それをカバーしてくれたのがマッスルーズな味方たち。2人~3人、さらにもう一人冒険に連れ出せる!
仲間も善しあしで、ガンガンと難所を移動するときは邪魔なんだけど(ルートを確保してあげないといけない)、素材集めのためにモンスター狩をするときは心強いです。何しろ的になってくれるから(ひどい)!
いいですよ!的!彼らに敵がターゲッティングしてる間にボコる!自分は無傷!イエー!
この章では材料集めに手を抜いた結果、何度か往復しないといけないって事態になりました。
あれだ。作業場を拠点に作ったらあかん。作業台は持ち歩くものだ。大倉庫に入れておくものだ。
この章は悲しくも強い愛の物語が含まれているので、個人的には大好きです。豪快な女の繊細な心とか萌えるよね。

4章ラダトーム 30日→?
最終章!この章はタイムアタック的には割と楽だ、という話を聞きます。うん、なんとなくそんな気がする。
でもさ、素材ゲットに時間がかかるよね。何しろ掘るにしてもツーステップ必要だし。
聖水で辺りを清めてからじゃないと鉄も石炭も手に入らない!土でさえ無理!
その代り作れるものはこれまでの蓄積で最初っからガンガン作れるので、1日目ではがねの剣を装備できるようになるし、運が良ければ魔法の玉も作れる(ばくだんいわが敵襲してきてくれた場合)。
ちょっとは遊べるんじゃないかな?という気がしてます。
やっぱりネックは素材集めだよなあ…
現在赤い旅の扉の向こうで救出作戦を決行中。一人ひとり助けるほうが楽か、一気に全員助けるかで悩んでます。雑魚はやっぱり味方がいたほうが楽なんだよねえ



2016-10-14 20:00  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]