So-net無料ブログ作成
検索選択

キラキラしたもの [にっき。]

毎月恒例となっている執事の館への帰宅。5月はぎりぎりの週末に行ってきました。
ほんとは15日位に行こうかーって話してたんだけど、15日はお休みだったのでこのタイミングに。
今回の相方は5月が誕生月のお嬢様。3月に一緒に行った時に「5月に来れば誕生日のジュレが食べれるね」って言う話をしたので、今月も一緒に行ってくれることに!
いえー!5月のジュレが食べれるー!!!
そう思ってうきうきしておりました。




が。
とりあえずこの日は色々と凡ミスが重なる日でして。
予約の時点で「予約開始日に他のことで頭がいっぱいになって予約の事が頭からすっ飛んで、行きたい時間の予約を逃す」という事をしでかしてしまいました。
いやあ、予定より1時間早くなっちゃったよ。その分双方の別宅出発時間が早くなるから、できれば避けたかったんだけどねえ(同行者さんは遠方からだし、私も2時間くらいかかります)。
で、当日は当日で「目の前を乗りたい電車が出発する」という事態に!いや、遅刻はしないけどギリギリなタイミングになってねえ(帰りも目の前で乗りたい電車が出発してしまい、10分電車を待つことになりました)
その前に家を出るタイミングで携帯忘れたりしたし(タイムロス1)、前をいく車が遅かったり(タイムロス2)、道路工事中で片側通行だったり(タイムロス2)
それよりも、予定よりも早くしたくが終わりそうだからって「ちょっと漫画でも読んじゃおっかなー」って布団に寝っ転がったからね!私!あの読書をやめて車は走らせてたらこんな事にならなかったんですけどね!!!

ほんとね!ギリッギリのラインを生きてるよね!!!

そんな感じでバタバタした帰宅になったわけですが、仮住まいは相変わらず素晴らしいです。
・牛タンのロースト(岩塩)はワインがほしくなります。噛んでも噛んでも味がしみ出る
・筍とベーコンのサラダはボウルで食べれそうです
・チキンソーセージは「ギュッとした鳥ハム」。声に出したら聞いてたらしい伏見さんに吹かれたwその後伏見さんに鳥ハムをレクチャーしたり、制作時の悩みを友人とわいわいと
・苺系がやたらおいしい。蒸しパンもクレープもおいしい。てか苺がおいしい!(ショートケーキは伏見さん一押しです)
・スコーンにはキャラメル(白)を。とろりクリーミーでおいしいです
・ティーソーダはなかなかおいしいのが飲めないので、ここで出るようになって嬉しい!フレーバーが選びきれないのが難点
・柑橘珈琲をまた頼んでしまった
・お試しのアールグレーのジェラートが本気だった

さて、冒頭の通り今回は友人の誕生日のお祝いもかねてたので、彼女に来たバースデイプレートとそこに乗っかってるエメラルドグリーンのジュレをwktkで見ていた私なのですが。
だからして背後にずらっと執事やばあやがいても何とも思わなかったのですが。
突如食べてる真っただ中のお皿を「これはもう終わりですね、お下げしますねー」と取り上げられそうになり、素で「へ!?」と両手にナイフとフォーク装備のまま皿を取り上げられるというハプニングが発生☆
へ?なんで????と、素で頭が混乱してる所に突如差し出されるハッピーバースデイ!!!!!
私、6月が誕生月なんですよ。
それで執事たちが友人だけじゃなく私の誕生日もお祝いする気になってくれたらしく!!!!!
私にもバースディプレートが!!!
あ、もちろん取り上げられた皿は戻ってきましたよ(食べかけでしたし)
ほんとなーーーもーーー!!!!びっくりしたわーーーー!!!
月末なので両方やっちゃえ☆ってなったらしいですよほんとーー!!もーーー!!!!!
素でびっくりしました。
実は去年も誕生月に帰宅してるので、6月のジュレは食べたことがあるんですよね。
だからそっちにはあんまり興味がなかったんですよ。それよりも食べたことのない月!
事前に「友人の誕生日をお祝いしたい」と告げておいたのですが、自分が祝われる立場になるとはです。
いやーーーびっくりしたーーーーもーーーー!!!
その後3皿目に二人してがっつりスイーツだったため「こっちにバースデイプレートを持ってくればよかった」と伏見さんに嘆かれてしまいました(2皿目は私が軽食多めだったのです)
こういうの、タイミング見計らうのって大変ですね。私はたいてい3皿目がスイーツ祭りです!
でもさ、びっくりしたけどこういうサプライズ大好きです。うちの執事たちは優秀すぎる。私だけじゃなくて、すべての主の為に、大きなことも小さなこともほんと悩んでくれてんだろうなってのが嬉しいです。

仮住まいを出た私たちが次に目指したのが「名古屋港水族館」。
なんとなく水の施設だから涼しいかな?というのが私の推薦理由(ほんとはほんのりあったかかったです)
アクティブなシャチを眺めてたり、白イルカのアンバランスさに「顔はかわいいのに」と嘆いたり、なぜか腹を上にして惰性で泳いでくるイルカ達にはしゃいだり、透明度の高いアクリル板に驚嘆したり、鯨の髭とかイッカクの角とか、なんか変な所で引っかかってる私達w
南館を見に行こうとしたら、連絡通路の出口付近で鰯の大群が!
この鰯の大群でトルネードを作って、いろんな色のライトで当てたり、餌で釣ってトルネードの位置を変えたりして、それをショートして楽しむようです。ちゃんとすわって見れるようにクッションとか配布されてたw
通りすがった時が丁度始まった辺りだったので座ってみる事に。
いやあ・・・・・強制的に「きれいだね」と言わされてる感半端ない綺麗さでしたわー。いや、綺麗だよ。綺麗なんだけど。「綺麗だね」って言うしかない威圧感?
あの大量の鰯はちょっと怖かったです。リアルでは遭遇したくない。確か3万匹いるんだっけ?数の暴力だよね。1匹のライオンより100匹のネズミの方が何となく怖いって言うあれだとおもう。
鰯からしたら生存本能の一種なんだろうけど、1匹1匹が意思をもって行動した結果あんな風になるっていうのが自然界の不思議。
いろんなライトに照らされて鰯のうろこがキラキラしてて、まるで光が降っているかのようで、あれをイルミネーション化したらすごい綺麗だけどデジタルだと処理落ちするねって話してました。
その後は赤道の海を再現した巨大水槽での餌槍に遭遇したり(ダイバーさんが餌をやりながら外にいるアナウンスのお姉さんと会話をして解説をするという、おしごと寄りすぎてない!?な場面)、ペンギンの餌やりタイムに遭遇したり、幸運のヨスジスズメダイを探したり思いっきり充実した時間を過ごしてました。
私にタイムリミットがなければもう少しのんびりミュージアムショップとかにも行くんですが、いかんせん最後はダッシュするレベルで時間が押してたので(そして電車を逃す)

多分久しぶりの名古屋港水族館だったんだけど、すごく楽しかったです。
博識の友人と一緒に行くと、なんか色々教えてくれるのがまた楽しいです!



このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]