So-net無料ブログ作成
検索選択

風邪をひいていました [にっき。]

今年の風邪はしつこいねー。
前回の日記を書きあげてから2,3日でひどい咳と鼻水に襲われ、やっとひと段落してきた所です。
最初はものすごいのどの痛みが押し寄せて、咳がひどくて。
喉と鼻水だったので職場の人達に散々花粉症を疑われましたが、鼻水の形状で風邪と判断。
というか「しゃべる→咳が出る→体力使う→しんどい」が常に起きていて、かといって職場で一言もしゃべらずに過ごせるはずもなく。仕方なしに「もう、明日休め」とレッドカード出されました。
いやあ、ほんと。
コンコンっていう咳じゃなくて、体の中心から噴火するような咳でしたからね。しかもそれが始まるとしばらく止まらない。
あれは体力削られました。
喉が本当に痛くて痛くて。さらに口内炎が乱立して。
救いだったのは食欲だけはあったので食べようと思えば食べれたので体力削られっぱなしと言う訳ではなかった事かな?
それでも会話が進むごとに体調が悪くなっていく(花がしおれていくように)私を見て回りはヤバいと思ったでしょうし、家族は家族で旅行を控えていたり、仕事の修羅場が待ち構えていたりだったので必要最低限の事以外は部屋で安静にしている毎日でした。後マスクはずせなかった(/_;)
マスクあんまり好きじゃないんですよね。メガネかけてるし、気軽に御茶が飲めないし。
後で描きますがのどが痛いのをのど飴じゃなくて液体でしのいでたので、気軽に物が飲めないというのはちょっと大変でした。
体力戻ってきても咳だけが抜けなくてねえ。今でも気を抜くとすぐに喉がイガイガします。

風邪薬飲むとかいろいろ考えたんですが、風邪って言っても症状がピンポイントじゃない?咳と喉がメインだし。
体力・・・というか体に栄養は詰まっているので、多少のことでは弱らない→対処療法しといて治るのを待つという戦法をとりました。
で、考えたのがはちみつ。舐めるのもいいんだけど、どこぞの黄色い熊じゃあるまいし持ち歩くのもなあ。という訳で。
御湯に溶かして飲んでいました。
はちみつ舐めるとかのど飴舐めるとか色々考えたんですけど、のど飴って一度なめ始めたら終わるまでなめ続けなきゃいけないじゃないですか。それがつらかった。
基本的に甘いものが好きな性質ではないので、たとえのど飴でも常駐されるのはちょっと・・・という気分だったんですよ。だから進撃のコラボで「噛むのど飴」ってのがあると知った時は嬉しかったです。
基本的に気管支弱いし!でも飴舐めるの好きじゃないし!あののど飴ダース買いしましたよ!まだあります!
賞味期限?知らん!
はちみつ舐めるのもいいんですが、甘ったるいじゃないですか。だから原液はちょっと・・・。
と言う事で考えた末、はちみつ湯に落ち着きました。濃度変えれば割とあっさりと飲めます。
飽きたら紅茶にとかしてもいいし、ショウガ入れてもいいし。
のど飴舐めたいなーでもなーという時はのど飴を熱湯にとかしたりもしましたね。
特にこののど飴!私の中では最良の一品です!





水筒に入れた熱湯にこれを3つ+はちみつで甘さを調節して、あとはのどが痛い時に少しずつ飲む!飲むというか舐めるように飲む!
ほんとうに咥内で飴を溶かしたような濃度になるので、その程度の量を少しずつ口に含んで・・・の繰り返しでした。
ごくごく飲むような代物じゃないです。
はちみつは口内炎にもいいし、大根は消化を助けるし、ショウガは体を温める。最強の布陣です!
大体一日で350mlの水筒一本位を消費していましたね。

やっぱりさすがに祖父のあれこれが終わって気が抜けたのと疲れが出たのでしょうと行きつけの医者には言われました。


2015-03-16 23:17  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]