So-net無料ブログ作成
検索選択

のんびりまったり [龍が如く]

龍維新の発売から1カ月がたちました。
1カ月ともなればそろそろクリアしてもいいんじゃないかと思うのですが・・・。
現在5章の途中、任務をPS3で受けれるようになったところです。
いやあ、ほんと進まない。
おもしろいぐらい進まないです。
なんでだろう?ストーリーがまだそれほど「先が気になる!」という風じゃないからかな。
まだ新撰組の面々も顔合わせをした程度で、それぞれと交流がないからかな。
思えば桐生さん(誤)は新撰組の人達を親父殺しの敵かもしれないと思って交流してるんだよね。
とりあえず永倉さんはその対象から外れたらしいけど。
そうなると各隊長と馴れ合う事もないだろうからちょっと残念だなあ。
これからストーリーが進むともっと絡みが出てくるのかな。
絡みといえば!将軍様ですよ!今回出番が少ないらしいじゃないですか!!!
ストーリー進めて登場したらそこで出番を消費するわけじゃないですか!!
なんか龍5でも似たような事を叫んだような気がしますが、龍5では出番が多いよ!といわれてたので、ストーリーが進んで大吾が登場しても「まだ先に進めば大吾が出てくるはず」と信じて進めれましたが、維新は出番が少ないといわれると、その希少な登場シーンにたどりつきたい、でもそうなると次の出番があるのかわからない、と不安になってしまうのですよ!

もーなー!いい加減龍が如くは「ここに行けば大吾に会えますよ」というスポット作ってください!!
遥ちゃんがアサガオにいるように(3&4)!せめてプレアド内だけでもいいから・・!!
ほんと頼みます。主人公にしてくれ、とは言わない。してくれたら思う存分育て上げ「最強」の冠を戴かせてもらう。
閑話休題。たまに大吾に会いたくなって龍2を起動させてひとしきり連れまわして終了します。
龍維新はストーリーを進める以外の事がありすぎて、それをこなしているだけで時間が過ぎていくのがネックです。
ストーリーを進めていくとムービーが始まったり、長い戦闘があったりで割と時間を食うんですよね。
こまごまといろんな事がしたい!という時にはそれは不向き。特にここのところ掃除とか別事もしたりしていたので、龍維新に割ける時間があまりないという事もあり。
さらに言うならアナザーライフが楽しすぎて終わってしまったり。
ええ、別宅に行って遥ちゃんがこまごま動いているところを見るだけでいいです。もうね、ほんと癒される。
まだ犬猫は1匹ずつしかいません。猫はいいとしても、犬は助けてあげたほうがいいとは思うんだけどね。もったいない病が発症中です。
ほらよくRPGのラスボス前になるとクリアしたくなくなるあれ。私はよく陥りやすいんですよ。そんなこんなで「もうクリアできるのにクリアしていない」ゲームを量産していました。クリアする事もなく、その世界で遊び続けるというね。そして新作に目が行ってクリアせずに積むとかね。
なんとなーく、維新もすでにその傾向が表れ始めてます。早いよ!

維新に変わって動き出したゲームはまた今度の機会に。



最後の大物 [にっき。]

数年来思い描いていたことがありました。
2008年から始まった部屋の模様替え兼大掃除の最終章。ベッドの導入です。
構想自体は2006年からあったようですが、床に座るタイプのパソコンデスクと畳ベッド。
畳ベッドはセミダブルサイズで油圧ジャッキで開閉が可能な、収納たっぷりタイプが欲しくて仕方なかったのです。
パソコンデスクは2010年に購入。すっかり部屋に定着しました。
部屋に置いてある本棚もその前年に購入。ねんどろたちの部屋を作ったり、趣味に走ったりしています。組み立てたら天井が低くて設置できず、足を切断したと言うのも懐かしい話です。
コレで後はベッドを設置したら万事終了!!



となってはや数年。
床に布団を敷いて寝る生活を続けてまいりました。
風邪で熱をだして寝込んだときは寝汗で布団が湿り、まさか床の塗装がはげたり(禿げるまで一家全員床材は着色されていないと思っていた)いちいち布団を上げ下げしないといけないのがめんどくさいなあと思ったり。
それとももうおさらばです!
畳ベッド購入しました!!!!
ほら、4月から消費税上がるじゃないですか。そうなると数万単位のものって手が出にくくなるじゃないですか。
そうなってくると今のうちに倒しとくべき敵は倒しておいた方がいいじゃないですか!!
というわけで、ぎりぎりになってしまいましたがベッド買っちゃったよおおお!!!
ベッドは重いから家人だけで運び込み、組み立てをするのは嫌だと思ったので組み立てサービスも頼んじゃったああ!!
中々こなくてやきもきしたけど!
相当重そうだったから、組み立て頼んで正解でした!!ふーふー言って運んでくれたよ!
単純な階段じゃなくて、部屋じゃなくて申し訳ない><!
ちょっと特殊な構造なのです。なのでコレより大きいサイズははっきり言って入らない(爆)
ぎりぎりの所を気をつかいながらよく運んでくれたと思います。
おかげで無事設置!設置自体には30分とかかりませんでした。
コレで夏場、羽毛布団がいらなくても置き場に困ることはない!収納万歳!!!!
やっぱりベッドがあると部屋が狭くなった感はあるのですが、畳なので床との違和感はあまりないです。
ちょっとした小上がりを部屋の中に作った感じですよ。
出窓もあるので、三段になっているような状態なのですよ。
いえええええい!!後は細々とした所を意地って、使いやすくして以降と思います♪♪
コレで床寝とおさらばだ!!!



ホビットとドワーフ [にっき。]

トーリンかっこいいいいいい!!!!!!

前作では一般的な感想の後に本音をさらけ出しましたが、今回は冒頭からいきます。
トーリンなー!かっこいいよなあああ!!!
王としての威厳とか気高さとか、奪われた故郷に対する執着、王である自分が先導して奪われた国を取り返すんだという決意。少し財宝に心奪われ、特に王の象徴であるアーケン石には「正しい事」を顧みず固執する所と、それを振り切れる意志の強さ。
もうな。トーリンカッコいい!!
詳しくかっこいい所を並べてしまうとネタバレ多数になるので割愛しますが、彼は地に伏してなお、王としての気質をまとい続けられる、真の王なのだと思います。
もうなーーー!!コレだけで感想終わっていいかなーーー!!!

というわけで「ホビット-竜に奪われた王国」を見てきました。
本当なら先週見にいくはずだったのですが、色々と予定が合わず今頃になってしまいました。
でもおかげでゆったりみれたよ。
今回も3時間があっという間に過ぎましたね。中だるみ一切なし、引き込まれ続けました。
3部作の中編なのでどうしても道は険しくなるんですよね。それに伴いシリアスの連続になる。
コミカルなシーンを入れれば緩急がつくんだけど、そうもいかないんだよね。
でもうまく緊張の連続を3時間持続させられました。ほんとなーー!見入るんだ。
映像はもちろんすばらしい。CGなの?現実なの?って境目が分からない位。
それとやっぱり音楽もすばらしい。
エンディングテーマがまたかっこよかったです。
今回の旅のことを歌っているんだろうけど、竜を恐れず立ち向かうことを自分たちが目指し憧れ崇めている山に語りかけている感じで。
ギターがまたいい感じに鳴いてて、しっとりとした歌声も心地よくリピートしてても飽きないです。
カラオケにはいっていないもんかねえ。

ロード・オブ・ザ・リングにつながる部分、それを先に見ているからこそニヤリとするシーン、原作にはないオリジナルな設定やシーンはありましたが、そこが浮きでていないのがまたいい。
オリジナルは尺を伸ばすのに有用だけど、原作ベースのシーンとは雰囲気が違ったりして浮いたりするんだよね。
それが今回まったくない。ほんとすばらしいよ!!
主にキーリがかかわるあれ。
私は原作を読んでいるので、この後キーリがどんな運命をたどるのか知っているのですが、だからこそキーリのかかわるオリジナルシーンが切なくなります。
答えはまだいっていないんだよね?
それからレゴラス無双。レゴラス大暴れでしたね。
レゴラスにかかればドワーフは飛び石のようなもの。お前は因幡の白兎かと言いたくなりました。
ロード・オブ・ザ・リングよりも前の話なだけあってレゴラスはまだ若い。若いから勘定の振り幅が大きいし、何より沸点が低い。それゆえの無双っぷりだったんだと思うんだけど。
もうな。弓を射るシーンとかかっこいいんだ。
私は武器を選べるゲームで割と弓を選択することが多いんですよ。弓、大好きです。自分ではやったことないけど。レゴラス始めエルフたちの百発百中な弓捌きが惚れ惚れでした。

次回作はいつなんでしょうか。あんな所で終わられちゃったらこっちはやきもきしてしまうじゃないですか。
もう一回みたいな。もう一回どころじゃなく何回も大画面で見たい映画です。



テーピング [にっき。]

私の仕事はデータの入力です。
ちょいちょい記事に職場の話を織り交ぜていますが、ざっくりいえばデータ入力です。
つまり、基本的にパソコンのキーボード連打するお仕事です。
だかだかだかだかとメタルでも聞きながらやったらたぎりそうなお仕事です。
いやあ、ちょっとしたもんですよ?
職場の人はもうなれてしまったようですが、私の打ち込みを初めて見た人は驚くようです。
こういうのって、慣れじゃん?慣れればきっと私くらいには早くなると思うんだ。所詮入力作業だし。
でも職場に訪れる方々が余りパソコンと日ごろ親しくしていない方が多いのか、不思議なものを見るような目で見られているようです。
たまに「そんなスピードでやらなくても、時間はあるんだしゆっくりやったら?」とか「そのスピードで入力しなくてもいいんじゃないの?」とかいわれたりします。
でもね!そのスピードでやらないと逆にリズムがとれないんですよ!!
スローなテンポだと逆に間違えるんですよ!いくら時間があろうとも!このスピードでうたないと私、間違える!

それはそれでどうよ?とは思うのですが、実際ゆっくりやるよりもいつものスピードの方が正確なのも事実です。


先日水曜日のことでした。
その日も気前よくだかだかと打ち込んでいたら、右手中指に激痛が。
あれ?とは思ったものの、仕事が目の前にあるので打ち込みを再開・・・しようとしたけどだめだった。
なんかもうね、右手中指の指先がキーに触れるだけで痛い。鈍い痛みなんてもんじゃあない。クリアに痛い。
ほんとどうしちゃったんだろう??っていうレベルでいたくて、理由がわからない理不尽さもあって。
あまりにもキーをたたきすぎて、等々疲労骨折でもしたのか!?!?とか思っちゃうレベル。
どうやら第一関節をまげても痛いようなので、コレは間接を曲げられないように固定したらいいんじゃないかと思い立つ。
そして、関節部分が痛いってことはコレつき指なんじゃない?と。
つき指ならそれこそ固定していればそのうち治ると思うんだ。
骨折だとしても固定してればそのうち治ると思うんだ。
そこでテーピングですよ。
残念ながら、思いついた水曜日には手元になかったので絆創膏で関節を曲げられないようにし、さらに紙を巻いて固定。
関節を固定したり、何かを巻いたりしておくと極力その指を使おうとしなくなるので養生にも最適です。
そうやってこの日は乗り切り、確か家に帰ればテーピングがあったなあと思って帰宅をしたらない!
え!?ない!なんで!?ついこの間みなかった!?テーピング我が家になかった!?!?!と探したけど、不自由な右手中指と一緒では中々に捜索もしづらい。
ええ、翌日の昼休みに買いにいきましたよ。
テーピング、いいですねー。関節は固定できるけど無理やり固定されている感がないからキツい訳ではないし、紙を巻くより幅をとらないからほかの指の邪魔にならないし!!
後ちょっと特別感があるよね!!
仕事中はテーピングをして無理をさせず、かといって四六時中やっているわけにもいかないので帰宅したら外して養生してました。
おかげで大夫楽になったよ!!
水曜日以降、猛烈にタイピングをする仕事から文字を書く仕事にシフトしたのでしばらく指を休めつつ養生したいと思います。

ブログかいてる時点で養生していないけど!!!



どうだジジイめ参ったか!!! [龍が如く]

相変わらず龍維新です。
ストーリーは一向に進んではおりませんがアナザーライフは充実しております。
畑は最大に拡張、レベルも最高。今朝鮮人参が埋め尽くしております。
わんこにゃんこは一匹ずつ。他の2匹ずつはリーチかかってます。
借金は1回返し、2回目の手紙が来ているのでお金持って返しに行かないといけません。
いけないんだけどね。

ついうっかり刀を鍛えたりしてしまい、あまりお金がありません(爆)
いや、あるんだよ。賭場に行けば賭け点が!それを換金すればお金なら即金で借金完済できるくらいは持ってるよ!
持ってるんだけど20両ずつしか返せないし、返しに行かないといけないしでなかなかねー。そうこうしているうちについ鍛冶屋とかで刀を鍛えたり銃を作成したりしてしまいましてね。
ほら、短銃は己を鍛錬するよりも銃を改造した方が攻略の近道だとかいう話を聞いてね。
確かに連射速度とか、そもそも一度に弾がいくつもでるとかそんな改造楽しいじゃないですか。
そんな風にいろいろとやって、素材とか集めるのめんどくさいから購入しちゃったりとかしてたらお金ガンガン減っちゃいまして(笑)
なので借金返すのにお金工面しないといけません。
現在の装備は小鳥丸(良業:149)とQuick fire(大業:93)です。
一番妥当なルートなら初期装備の刀「吉行」を強化していくのが王道なのでしょうがね。吉行の説明が「坂本家に代々伝わる家宝。とても大切な刀だ」とか書かれてるんですよ。コレを素材に武器合成をするのは、坂本家をないがしろにする事なんじゃないかと思い私はコレを素材にできないでいます。
だってさ!坂本一家、龍馬残して火事で死んでるんだよね!?だから龍馬は孤児になっちゃったから吉田東洋に育てられた虎の子なんだよね!?火事だから家のものは残っていないんじゃないかと思うんだ!
そんな龍馬にとって「吉行」は家族の思い出とかも含めた「坂本家の家宝」なんじゃないかと!坂本のアイデンティティなんじゃないかと思うんだ!!!
そんな大事な物を打ち直しなんてできません。あれは家宝として大切にとっておくことにします。2週目プレイになったらもう一本手に入るから、そうしたら改めて合成素材にして進化させたいと思います。

さて、こんな風に製作サイドの思惑通り鍛冶屋関連でも楽しんでいる訳ですが。
ちゃんと修行の方もやっております。
私の戦い方が、実は基本素手なんです。やっぱり龍が如くは素手でぶちのめして何ぼだろ!と言うこだわり・・・があるわけではないのですが、アレがやっぱり一番「敵をぶちのめしている」感があるんですよね。
乱舞は脇に置いとくとして、短銃は遠距離だから攻撃当たりたくないなー敵がわらわら固まってくるのいやだなーと思うときに使うくらいだし、一刀は破壊力あるけど斬りつけ方に重量を感じなくてさ。
刀って重いんですよ。ちょっと前に刀を持ち上げる機会があったのですが、あれは重かった。あの重量で斬り付けられたらそりゃあ重さと切れ味で真っ二つにもなるわな、とおもう。
そんな刀を、そりゃあ桐生さん(誤)はしっかり体鍛えているから片手でも振りまわせるんだろうけどさー。
それにしても軽く感じるんですよね。
なんていうんだろう・・・斬りつけた時の音?アレが軽いのかな?
強敵だったりさっさと戦闘終わらせたかったりしたいときに使うくらいです。あと相手に敬意を表して一刀使ったりもします。錦(誤)とかね。
なので、いろいろと試した結果。基本素手です。
素手いいですよ。殴ってる!今殴ってる!ガンガン殴ってるよ!ととても楽しくバトれます。
素手でバトるのでやっぱりいろいろと技も使いたくなるもので。そうなると修行もがんばらないといけないわけなんですが。
その修行をつけてくれるのが、毎度おなじみ古牧です。親しみをこめて私は「ジジイ」と呼びます。
このジジイ、近年は割りと大人しかったのですが1,2の時代には散々なめに合いました。一回どうしてもクリアできなくてコントローラーを床に投げつけ破損させたのはいい思い出です(その後クリアしました)。
そんな古牧のジジイですから、毎回修行には適度な緊張感が走るわけで。
5では孫が登場(割とイケメン)し、ついに引退か!と思ったらそうじゃなかったり。あの時もね・・・まあ、いろいろとね・・・。
と言うわけで維新。師匠復活ですよジジイ。
序盤の修行は割りとサクサク行きました。ただ反撃系はタイミングがつかみづらくてちょっと難儀をしましたが、そこはまあ想定の範囲内。
最終の修行では古牧自身との戦いが待っていたりするんですよ。
強かった。超絶強かった。
私だってそんなに弱いわけじゃないんですよ。4章からストーリーは進んでいませんが!
桐生さん(誤)のレベルは31だし、格闘は17まで上がってるんですよ。なのに負けるし!
もーーーなーーーー!!!
今までは各種の能力強化にはそれぞれ専用の球しか使わないでいたのに、ジジイ倒すためにLvupで手に入る球を10個もつかっちゃったよ。
そりゃあ、あの球も使わなきゃ満足な能力開発ができないことはわかってる。わかってるんだ。でも今まではそれで済んでいたんだ。それなのにあのジジイ!あのジジイのせいで!!!!
持ち物欄は回復アイテムで埋め尽くし、それを半分以上使いました。
あのジジイを倒すために私はどれだけのものをつぎ込んだか!!

ええ、たおしましたよ!どうだジジイ!桐生さん(誤)は強いだろう!!!!!

もーなー!私素手プレイするわーー!!素手メインでやっちゃるわーーー!!
そんな気分になります。たーーおーーーしーーーたーー!!!
天啓の書とかどうでもいいんだ。ジジイ倒せたからそれでいいです!



鬼灯様化 [龍が如く]

初回特典付を購入するとついてくる得点がいくつかありました。
まず「龍ベスト」。毎度の如く劇中歌とかが入っているCDです。今回は歴代の名曲を集めた、サントラとしての機能もあるので懐かしい曲とかも入ってて、龍が如くを以前から知っている人には嬉しい仕様になっていました。
その他にタイアップ企業の割引券。フジそばとかは残念ながらいける場所にはないので使い道はないのですが、はなまるうどんとか逆にお店があるんだけどもったいなくて使えないので、それはそれで困りものです。
そしてもうひとつ。
各章の始まりに、いわゆる「前回までのあらすじ」のようなものが流れるのですが(設定でカット可能)、このあらすじのナレーションは通常前の章で活躍したキャラクターがやるんだそうです。これを自由に選べるという特典でした。全部で10人くらい!
だから例えばぜーんぶ黒田さん(桐生一馬役)にすることも可能。キャラクターとしてナレーションしているわけではないので、宇垣さん(真島の兄さん役)だったとしてもはっちゃけているわけではないんです。キャラクターを引きずっていない、普通のナレーションなので逆に「このキャラが好き!」で聞くとちょっと違う?となるわけですが。
真島の兄いではレアな宇垣さんのいい声が聞こえるわけです。宇垣さんっていい声してるよね。

で、だ。
この中の一人に原田左之助役(龍5の相沢)をやっている安元洋貴さんがいるんですよ。
安元さんといえば、今放映中のアニメ「鬼灯の冷徹」で鬼灯様をやっているわけですよ。
前知識なしに聞いていると、相沢と鬼灯様を同じ人がやっているとは思えないのですよ。
ただし、私には相沢にはマイナスの、鬼灯様にはプラスのフィルターがかかるので、その辺りの色眼鏡的な差分コミでの話ですが。
というわけで「安元さんの鬼灯様的な声は好きだけど、相沢はちょっとなあ」の私はひとつ気がつきました。
各章の前にある、あらすじナレーションです。安元さんが相沢的な声でやっていないのであれば、ワンチャン鬼灯様に聞こえるのではないか!と!
鬼灯様チックなら私大勝利ですよ!
各章に移り変わるときにセーブデータを新しくして、いつでも各章の冒頭にいけるようにしてある私!GJ私!Le’sトライ!

結果、大勝利!

鬼灯様じゃないですかーーー!!安元さんって元々鬼灯様よりの声なんですか!相沢は作ってる系なんですか!普段はダミっていないんですね!!!
もうね、普通に鬼灯様だったので逆に拍子抜けしました。他の声優さんのも聞いてみたいので、気が向いたときに各章の頭用セーブデータを起動させようと思います。全部岩崎さんとか聞いてみたいじゃないですか。全部山路さんとか!!

アナザーライフも充実しています。
魚釣りはめでたくコンプリートしました!イトウも釣れたよ!
農作物の方も順調です。初期から徳で開放できる農作物は全部開放、畑も3段階目まで広げました。カカシも導入しましたよ!
行商も始めました。
そして!等々ペットも飼うことに成功!絆深めるために通いましたよ!黒柴と虎猫をゲット!
ワンコのほうはペットにした順番に「タロ」「ジロ」「サブロー」、にゃんこは模様に併せて今の所茶猫なので「チャ」と命名。他のにゃんこも「シロ」「クロ」にしようと思います。
ペットのいる生活、いいですよ。
遥ちゃんが台所に立ち、その足元に猫が擦り寄っている姿とか。
畑仕事をする遥ちゃんの隣にお座りしているワンコとか。
見ているだけで和みます。
ワンコやにゃんこをペットにするのもそれぞれにストーリーがあり、これはもうペットにするしかないよねってなる。
町の人と絆を深めるにしてもそれぞれに小さなストーリーがあって、本当に町の人と交流を深めているなあ、と感じます。
そうそう、ドンキに青梅が売っていたので買って来ました。で、梅干を漬けたんだけど・・・遥ちゃんの反応が!かわいい!もうね、私ここにずっと住む。人斬りといわれて常にいろんな人に襲われる、殺伐とした京の町には帰りたくない。遥ちゃんと一緒に生活する!と、言いたくなってしまいます。
実際本編でアナザーライフがおくれるようになってからは故意にストーリーを進めていません。場所に近づくとストーリーが進んじゃうとか、そういう不可抗力で進みはしましたが、よっぽどやることがなくなって刺激がほしくなったら進めるかな?って感じ。今はまだ進める気がまったくないです。
今回サブイベが結構長いんです。長いというか、簡単に終わる系ばかりじゃないというか。その場でフラグがたって、話が進んで戦闘やって終わり!とかそういうのばかりじゃない。何度も訪れる必要があるとか、何かを持ってこないといけないとか。私は街をうろうろしていてサブイベに出会った時に気が向いたらうける、というやり方なので実は思ったよりこなしていません。
それから、絆を深める相手が結構多いですよね。そのために何度か足を運ばないといけないので、今作は本当にやることが多いなあと思います。
街をうろうろして、絡まれたりツボを調べたり、お地蔵さんを拝んだり。
うろうろするだけでやることあるよ。



YES!アナザーライフ! [龍が如く]

維新が我が家に届いてから初めての週末です。
ええ、遊び倒す週末がやってまいりました!!
いえええええい!!!
維新楽しいです。土佐から脱藩するのですが、それ以前の土佐でのうろうろも楽しい。
そして京都にきたら京都にきたで延々遊べるので、ストーリーがなかなか進みません(笑)
ほんとね、釣りとかね。釣りまくるよね。
Vitaアプリでは海釣りしかできないので、PS3ではもっぱら川釣りです。
釣りでは毎日一種類、大物狙いをしています。
龍宮の使い、カジキ、マグロ、人面魚。毎日一種類ずつ。今日はニシキゴイ狙いました。
そして明日イトウを釣れば魚類はコンプリート!魚釣り楽しいです!
簡単になった分手軽にやれるし、待ちの釣りなので釣り糸をたらしつつほかの事(ブログかいたりとか)ができるので釣りは延々やっちゃいます。

さて、今4章まできました。
3章から京都の町全域をうろうろできるので、ついサブイベとかミニゲームとかにうつつを抜かしてしまいます。
VitaとPS3の賭場では点数の共有ができないんですね。Vitaのほうで賭け点ためてるからお金なくても大丈夫だなーと遊びに行ったら「賭け点がありません」といわれちゃいましたよ。ちぇー。
そのときほんとにお金持っていなくて、賭け点すら買えませんでした(笑)
Vitaに戻って賭け点をお金にしてから再度突入しましたよ。
とりあえず15000点くらい稼いでおきました。
ラジオだか何かのインタビューだかで、横山さんが「セーブ&ロードが簡単にできるようになったのは、ミニゲームとかで簡単にリセットができるようにするためです」みたいなことを言ってたのです。
今まではセーブポイントでセーブをしないといけなかったのが、今作ではメニュー画面が開く状態ならバトル中でない限りはセーブできるんですよね。
ゲームの中くらいリセットできたっていいじゃない、リアルはリセットできないんだからって言う理由みたいよ。
なのでガンガンセーブ&ロードしてます。主に賭場で。
おかげで着実にお金は稼いでいます。
その分出て行くらしいので、まあガンガン稼いでガンガン消費しよう!ってことかな!?と!

4章に入ったのでアナザーライフが解禁になったのです。
いや、Vitaではやってるんだけど、やっぱり本編でね!ちゃんとね!遥ちゃんとの交流をしたいじゃないですか!ダイジェストに説明されるんじゃなく、ちゃんとしたストーリーで!
最初のぎこちない感じとか、新鮮です。
こうやって一歩ずつ距離が縮まっていくのね。そして強い絆で結ばれた二人になっていくのね。もう、来世の因縁だと思うよ、君たちは!!!
いいじゃないか、共同生活!もう別宅というか本宅というか延々そこで暮らしちゃえばいいんじゃないかな!
ほら、まだ君たち出会って間もないじゃない?やっぱりお互いを知るための時間も必要だと思うんだ。そのためにはやっぱり一緒に生活するのが一番なんじゃないかなと思うんだ。
だからして!桐生さん(誤)はここに住み込むことにした。もうさー、寺田屋引き払っていいんじゃないかなーー。屯所に部屋ももらえるんだしーーー。
というわけでアナザーライフが解禁になったのでやることはただひとつ。
ペット探しの旅!!!
養鶏やったけど鶏はケージから出てこなかったと嘆いたじゃないですか。ちゃんと触れ合える動物がほしいなあって思うんですよ。
なので早速わんこにゃんこと絆を結ぶべく町中を探しております。
とりあえず、体験会のときにいたわんこにゃんこは居場所がわかるのでそれらから懐柔しようと思います。
いいよね、ペットのいる生活!
犬猫それぞれ3匹ずつペットにできるはずなので、がんばってコンプリートしたいです。
そして遥ちゃんと戯れる様が見たい。

福引のちり紙ってもらいすぎると「これ、何個目でしたっけ」とか言われるんですね。「これ、いいものですよ」といわれるのもなんか癪に障るのですが、これはこれでカチンとくるなあ・・・



このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]