So-net無料ブログ作成
検索選択

今年も後3時間 [にっき。]

今年も後3時間ほどとなりました。いやあ、早いもんです。
大人になると子供の時よりもイベントごとが少ないから時間がすぎるのが早く感じる、という事があるそうですが、そんなことも関係なく今年も早々に終わりやがります。
というわけで、今年を振り返ってみようと思いました。
まあ、振り返るも何も今年は辰年で、だからして(?)私は一年中龍を叫んでいた気がします。本当、今年は龍が如くの年でした。
PS3を購入した理由の右がBASARAなら左が龍が如くだった私なのですが、実際に手にするのは発売されたからだいぶ経ってからでした。
だって、PS3購入と同時にBASARA3にドはまりしていて(今もですが)龍が如くシリーズは手を出すのが遅れてたんですよ。
4まで手に入れた状態でのらくらとしかやっていなくて、とりあえず出た順番に・・・と見参をやって龍3をやっていたのですが、確か3のラスバト直前だったのを昨年末に再開したのがきっかけでしたね(それまではBASARA宴で遊んでた)。そこから怒涛の勢いで4、OTEとやった気がします。OTEなんて、本当は買うつもりもなかったのに4をクリアした日に通販しましたよ。挙句の果てにモバイルゲームにまで手を出す始末。たまに課金なんかもしちゃったりして、お布施をしまくってます。その勢いで5の情報がチラ見せされてきたもんだからずーーっと龍のことを話題にしていた気もします。
龍のことを考えすぎて、つい昨日まで妙な連載もやったりしました。あれで言いたい事は全部言い切りましたよ。あれを書いている途中から「何で私はこんなに峯のことを考えているんだろう」とか考えちゃったよ。ついでだからって、個人的感情の外の部分まで峯を語っちゃった気がします。別名「峯論文」。実はあれ、私の大学の卒論よりも文字数が多いんです(笑)なにやってんだろう、私wwww

9月の頭にあったプレミアム上映会にいけたことも大きな出来事でした。あの時のトレーラーの先行上映、衝撃的でした。さらに生桐生さん・・・じゃなかった黒田さん、名越さん、横山さんにお目にかかれサインをいただけたこと!ああいう機会って中々ないのですごく嬉しかったです!ありがとう名古屋!!体験会が超地元であったり、今年はアウトドアシーンでも龍に恵まれました。
龍5はものすごい楽しいです。現在品田編、秋山さんのあたりを一気に進めたらおなか一杯になってきたので、ちょっと品田で遊ぼうと思います。あのこはダメなこだけどいいこだとは思う。あれが真正だめんずだと思う(龍5の体験会でスタッフさんに龍2の大吾を「だってだめんずですよ!」といわれた事を根に持っているらしい)
そして、この龍萌えの一端どころか半分くらいを担っている堂島大吾。彼のせい(?)で私は中の人の徳重聡に萌え始め、徳重聡に似ている武将のいる地元武将隊にはまり、つい先ほど「徳重と渡辺謙って似てない?」と気づいてしまったのでこの先渡辺謙萌えまで加わるようでこれから先が大変です。ラストサムライとかテレビでやんねーかな。いまなら大河ドラマの独眼竜政宗とか大好物になりそう。
あと、龍4の流れで成宮にもはまりつつあります。相棒とか録画しちゃってるんだぜ!

そういえば色々と出費が多かった年だった気もします。
一番堪えたのが部屋の照明。明かりって大事だよ!昔の人はよく行灯で生活できたと思うよ!
昨日電気屋さんに来てもらってLEDのに変えてもらいました。それまではスタンドライトで対応してました。割と明るいスタンドなので部屋全体を間接照明風に照らせたのですが、読書をするにはちょっと暗かった(/_;)
消費電力も減ってなおかつ10年は電球が持つそうで。っていうか10年電球が持つから取替え用の電球がまだ開発されていないとか何とか・・・。まあそんなことはいい。明かり大事!
あとはメガネを新調したりコンタクトを買ってみたり。
それからテレビも買い換えました。液晶ハイビジョンテレビってすばらしいね!今まで文字が潰れてて読めなかったところも読めたりしてちょっと感動しました(笑)

そうそう、迷惑メールとも戦いました。消費生活センターに電話したり、警察のサイバー対策課にメールしたり。結局はメアド変えてくださいだったね。うん、メアド変えました。あれから迷惑メールは届いていません。

恒例の合宿に加えて上京もしました。結婚した友人二人を祝ってたこ焼をひたすら焼いて笑いあっていた気がします。ネット関係で知り合った人とは縁が薄くなりがちで、意外とあっさり縁が切れたりするものなのですが、彼女たちとはこれからも末永く笑い合いたいなと思います。

KAITO関係も色々ありました。
お誕生日には動画を仕上げました。大好きな歌をKAITOに歌わせたんです♪奇跡の耳コピ!
来年の誕生日に向けてそろそろ準備をしなきゃいけないのですが、ネタはあれど動き出してはおらず・・・。年を開けたら取り掛からないとだ!
3月はねんどろいどの応援バージョンも入手。これは注文販売だったので今は手に入りにくいんじゃないかと思います。ぽんぽん持ったねんどろは殺人クラスにかわいかった・・・。
そうそう!忘れちゃイケない事!年末もど年末、12月20日あたりから怒涛のKAITO情報!新しくなったエンジン、V3で生まれ変わるKAITOの情報が一気に出てきて、デモソングなんかも公開されちゃって、その上「2007年に発売されたV1のKAITOを持って、ユーザー登録されている人は優待価格で販売するよ!」って値段が1万円前後(本来は1万6千円)で買えたりするという「大丈夫なのか!?」といいたくなる現象になってたり。さらにこのV3を買ったらオケまで作れたりするソフト同梱とか、ユーザー視点で使いやすくなっているエディタがついてきたりとか(このエディタの開発の為にKAITO V3の発売が延びたそうです)、お得感が満載すぎてどうしたんだよ!という状態になっていたり!ほんと、どうしたんだKAITO・・・。
さらに!ボカロ曲ではすごく有名な「千本桜」がミュージカル化されることになり、その主役がKAITOだったりするという事態に!
今まで不遇な人生を歩んできてたKAITOがスポットライトを浴びているのが嬉しいやら恐ろしいやら。
V3は来年発売なので、来年はKAITOの年になりそうです。
名古屋でオンリーイベントも開催され、私はサークル参加をすることにしたのですがこのための新刊を作ることが出来そうにないです(爆)理由は上のほうで叫びまくっている例のあれのせいです。年明けてからも多分熱は引かないだろうから、お誕生日の準備だけで手一杯になりそう。

来年も多分オタクな方向でがっつり叫んだ記事ばかりになると思います。
それでもよろしければ引き続きお付き合いくださいませ。今年一年お世話になりましたm(__)m


2012-12-31 21:04  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

峯義孝と言う男:INDEX [峯義孝という男]

ちょっと長くなりますので、ここで一つINDEXを作ってみることにしました。
この記事は常に最上段に来るように設定してあるので、日々の更新はこれの一つ下にくるようになっています。

簡単な注意事項。
龍が如く3のネタバレ満載です。
峯が好きな人にはオススメできません


「峯義孝と言う男」INDEX

1.はじめに
2.龍3まとめ
3.峯について
4.大吾と峯
5.桐生と峯
6.「おじさん」の存在
7.秘書に対する期待と失望
8.アサガオ崩壊
9.孤児と言う事
10.金と力
11.當眞との交渉
12.ブラックマンデー
13.神田
14.極道として
15.行き着いた先


2012-12-30 22:53  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

峯義孝という男:行き着いた先 [峯義孝という男]

のんきに秋山さんのサブストやってる場合じゃないわこれ!!!
今日は雨で少々時間があったので龍5をやっているわけですが、秋山さんが登場したあたりからもう先が気になって気になって仕方がなく、サブストもろくにやらずにメインストーリー進めてます。
後ね、そろそろ大吾に会いたい。大吾欠乏症。大吾はどこだーーーー!!
え?昨日といってる事がま逆だって?だから、私はストーリー進めたい気持ちと取っときたい気持ちが両天秤なんだってば!そしていい加減大吾に会いたい!(大事なことなので(ry
明日は大晦日だからやってる暇無いだろうし、きょうはレコ大そっちのけでゲームです!
このまま秋山さんのサブストをやっててもね、なんか秋山さんを楽しんでいるんじゃなくて、サブストをただ消化しているだけのような気がしちゃってね。
それってもったいないじゃない?秋山さんは秋山さんで好きなキャラだし(男性主人公の中では一番好きです)、そんなもったいない事しちゃったらダメじゃん?せっかくなんだから楽しみたいし!!
というわけで、秋山さんのサブストの大半はラスバト直前くらいの主人公が変更できますよみたいな状態になってからゆっくりとやるか、プレミアムアドベンチャーで楽しもうと思います。
メインストーリーが気になりすぎて仕方ないよ!!!!!!あと大吾に会いたい!(大事な(ry

さて。「峯義孝という男」も今日で最後。何とか年内に終わらせる事が出来ました。
今日は総まとめ、といったところでしょうか。
例によって諸注意です。
龍3のネタバレが山ほどあります。そして総まとめなので私の妄想もまとめられています。
なるべく龍如3から引用したりして、ストーリーやキャラクターの言動と齟齬がないようにしていくつもりですが、もし「このシーンでこんなことを言ってたから、これは違うんじゃないか」と言う意見があった場合、言っていただけると助かります。ほら、妄想が暴走して史実を捻じ曲げることってあるじゃない?
それからもう一つ。あっちの項目ではこう言ってたのに、こっちでは言ってる事が違うじゃないか!と言う場合は、多分ゲーム内では読み取れなかった部分を推測しているので、そこは無限の可能性の一つがそれぞれこぼれていると思ってください。どの道私の偏見が混じっていますが。論点が横滑りしているかもしれませんが、まあそれは流れ着いた先が結論てことで。そんなにずれているつもりはない…はず。閑話休題の文字は乱立しています(笑)

そして一番重要なこと。タイトルどおり、つらつらと語りたい事は龍が如く3に登場するキャラクター「峯義孝」についてです。
というわけで これより先 峯義孝の事が好きでたまらない方は進まないことを推奨します。回れー右。
この一文で何がこれから何が語られるかご理解いただければ幸いです。

注意しましたよ?後悔しませんか?苦情はうつけつけませんよ?個人的な感想ですからね?

それではどうぞ!

「だから私は峯が嫌い」


2012-12-30 22:51  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

峯義孝という男:極道として [峯義孝という男]

龍5が全然進んでいません。今年中に秋山さんが活躍するかどうかって所です。もう発売してから20日以上経ってるのにね!
遅々として進まなくなったのはストーリー進めたいよー進めたくないよーとというジレンマと日々戦っているからです。
ストーリーを進めて物語を楽しみたい、先が知りたい欲求と、もったいなくてストーリーを進めたくない気持ちがない交ぜになり、結果アナザードラマを進めている状態だったりもします。遥ちゃんのアナザーストーリーはやることが多くて助かる。
だって!!ストーリー上でしか大吾って出てこないじゃん!!!!特定の場所にいたら絶対にいるとか言う存在じゃないじゃん!!!!スターダストに行ったらユウヤがいるって言うのと違うじゃん!!!いや、私はユウヤよりも一輝派ですが!!!一輝全然でてこないよね!!
これまでのシリーズでも同じジレンマを抱えてました。これまでは遥ちゃんもこの内に入ってました。3はよかった。大吾は早々に撃たれて会えない状態だから多分最後にならないと会えないって思ってたし、遥ちゃんはアサガオに行けば会えたし。
4は主人公が桐生さん以外にもいたので、遥ちゃんの登場は限られてるって思ってたし、あのストーリーは逆に大吾的にも先が知りたくなるのでここまで酷いジレンマじゃなかった。
でもね、5はそんな生ぬるいもんじゃない。
「ストーリーを進めたら大吾が出てくるかもしれない」というのは、確かに楽しみなんですが、その分逆を言えば「大吾登場シーンがこれで一つ終わった」ともいえるわけで。
今作は今までで最高に大吾が活躍をするらしく、大吾大増量なのだそう。
それはつまり、ストーリー進めれば大吾にまだ合えるって事。だけど、クリアしちゃったら、それ以降大吾に会えないんじゃないかって思うわけよ。
出番が多いからこそ、出てくるたびに「あとどれくらい出番があるんだろう?」って思っちゃうのよ!
もうさー。桐生さんと冴島さんは神室町からタクシーで自由に東城会本部にいけて、会長室には必ず大吾がいるっていう風にしてくれないかな。そうでないと私の中の大吾エネルギーが枯渇する。大吾を、もっと大吾を!!
最近は徳重のTV出演もチェックし、徳重に似ている地元武将隊にもドハマリし、大吾成分を割りと補給できる状態になってる。
でもね、これって逆に言うと我慢が出来なくなってきてるって事。大吾を!もっと大吾を!!

んでは前置きはこのくらいにして。
今日が終われば後は総論のみを残した「峯義孝という男」。今回はちょっと感情的になっちゃってますテヘ☆
これが言いたかったために今まで管巻いてた気もしますが、まあいい。
とりあえずいつもの通り注意事項から行きましょう。龍3のネタバレあるよ!
そして私の愚痴と妄想が大暴走だよ!なるべく龍如3から引用したりして、ストーリーやキャラクターの言動と齟齬がないようにしていくつもりですが、もし「このシーンでこんなことを言ってたから、これは違うんじゃないか」と言う意見があった場合、言っていただけると助かります。ほら、妄想が暴走して史実を捻じ曲げることってあるじゃない?
それからもう一つ。あっちの項目ではこう言ってたのに、こっちでは言ってる事が違うじゃないか!と言う場合は、多分ゲーム内では読み取れなかった部分を推測しているので、そこは無限の可能性の一つがそれぞれこぼれていると思ってください。どの道私の偏見が混じっていますが。論点が横滑りしているかもしれませんが、まあそれは流れ着いた先が結論てことで。そんなにずれているつもりはない…はず。閑話休題の文字は乱立しています(笑)

そして一番重要なこと。タイトルどおり、つらつらと語りたい事は龍が如く3に登場するキャラクター「峯義孝」についてです。
というわけで これより先 峯義孝の事が好きでたまらない方は進まないことを推奨します。回れー右。
この一文で何がこれから何が語られるかご理解いただければ幸いです。

注意しましたよ?後悔しませんか?苦情はうつけつけませんよ?個人的な感想ですからね?

それではどうぞ!

続きを読む


2012-12-29 21:39  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

劇場版!! [青の祓魔師]

久々の青エクタグで書きます。ええ、映画見てきました!
TVアニメの放送終了からはや1年3ヶ月、ゲームはスルーしたけど映画は都合がつけば見に行くかな?程度のつもりだったんですよ。まあ、都合ついちゃったから公開初日に見に行ったわけですが!

想像以上によかったです!

いやあ・・・正直、私は青エクにかける期待度ってのが、ほっといたらうなぎのぼりなんですよ。そのおかげでアニメ版では色々とくじかれましたが!!だから、大体私の期待値の半分くらいが現実だろうなって思ってたんですよ。
でも、それ以上だった!
まず背景。すっごい綺麗です。背景だけで画集欲しい。
ごちゃごちゃとした風景が実に絵画的です。もうすでになくなってはいますが、香港にかつてあった九龍城のような、看板一杯の細路地のような感じ。あのごちゃごちゃ感がすごく絵画的で美しい。
押井監督作品とか攻殻機動隊とか好きで結構見てるんだけど、あんな感じのごちゃごちゃ感。それの上でキャラクターがまた綺麗に動くんだ。
今回はお祭りの期間中の話なだけあって華やか。中華と和風とねぶたを掛け合わせた感じ?ってどっかで紹介してたけど、ほんとそんな感じw華やかで原色使いでまぶしくて、すごく私好みでした。
そして音楽。サントラとかあんまり買わない私が青エクだけは買ってます。だいっすきなのよ、青エクの音楽!!
今回も上映始まってすぐ「うん、サントラ買おう」と思いました。そして買って来ました。私はそろそろ音楽を担当している方の名前を覚えたほうが良いんじゃないかって気がしてきました!
もうねー大好き!一番好きな曲はTV版サントラ1の1曲目です。あれをサンプルで聞いて惚れて買いました。
こんな風に脇を固められたら、どうしたっていいものになるじゃない。

ストーリーは王道です。すごく先が読める。でも、逆に言えば期待を裏切らない展開です。物語の動き方が結構好きだったな。後半になって坂道を転がるように進んでってるスピード感とか。
相変わらず獅郎の登場シーンが卑怯です。ほんとなーもうなー!泣かすんじゃないよ!
映画版なので豪華だからキャラクターも総出演です。おおっ!ってキャラまで出てます。もうね、びっくりした!
それから、詠唱が綺麗です。音のとり方とか。頭のほうで出てくる詠唱は歌のようだけど、後半の詠唱シーンはまるで仏教の真言のようだった。カッコイイ!!
ちゃんと私的においしいアーサーとシュラの掛け合いもあったので満足です☆

映画版、見てよかった。予想以上によかった。
ブルーレイで初回限定みたいなの発売するよね? してください買いますから!!


2012-12-28 22:48  nice!(0)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

峯義孝という男:神田 [峯義孝という男]

注:今日の前置きは龍が如くとはまったく関係が無い上に長いです。すっ飛ばしてOK!!

龍如くとかそんな話じゃなくて!!今日はSASUKEですよ!!!
筋肉万歳!ビバ肉体美!!
いや、そういう話じゃない。SASUKEの醍醐味は長野さんです。
SASUKEが行われるたびに言っているわけですが、私がこの番組で見たいのはただ一つ。「長野さんの笑顔」です。
あの顔のしわ。あのしわはそう簡単にできるしわじゃない。よっぽど笑顔であり続けたしわだと思うの。
あのしわが前面に出た満面の笑顔が見たいの!穏やかで優しげででも芯の通った性格で、あの肉体ですよ!大好き!!
そんな長野さんも、もう40歳。そろそろ限界が見えてきているような気がする。でも、SASUKEには挑戦したいだろうし簡単にはやめれないんだろうね。仲間も出てるし、そうやって仲間と一緒にがんばろうって言う気分で自分もでているんだろうね。
中毒といえば、今回も山田が出ていたわけですが・・・あの人はまだやる気なの?なんていうか、見るたびに不運そうな顔だなあと思ってしまう。長野さんが笑顔で福満面のような顔なだけに対照的です。
長野さんのゼッケンは100番でしたが、もうこの番組のゼッケンNO.は「栄誉点」みたいなのが重視されてる気がするので、何の感慨も無いです。本来なら前回の、そして2度の完全制覇者である漆原がふさわしいと思うし。その漆原が80番台ででてくるんだもんなー。
っていうか、メダリストこそ80番台で、90番台は本当に実力者を並べとくべきなんじゃないの?1stクリア経験者とか。
なんか番組構成的な見せ場(経験者を前に置いたり)ばかりを気にしてしまって、アスリート番組よりもバラエティ色がより強くなってる気がします。うう・・・ストイックな昔のSASUKEください(/_;)今回からスタジオ観覧みたいなのがあるんですが。あれは予算かかるんじゃない?その分だけ協議のほうにお金かけて欲しいし、スタジオ映してる暇があったら競技をもっと見せて欲しい。

閑話休題。長野さんだ。
その前に秋山さんがまた出てくれたことが嬉しいです。弱視がどこまで影響するのか怖いけど、初の完全制覇者という称号を持ってる人なんだし、オールスターズの一人だし。1stで散ってしまったのは残念です(/_;)
これで引退するとのこと。この人は復活した事が奇跡に近いのでよくがんばったと思います。
白鳥さんは今回も出場されなかったな。もう、出場されないのかな。
山本さんもがけっぷちでの挑戦だったんだねえ。いろんなものを断ち切るために職を辞して挑んだんだね。この方も今回で引退。皆勤賞もここで終わりです。よく考えたら18年間で続けてたんだよね。すげえ。
今回、オールスターで1stクリアが一人もいない。
長野さんも2つ目のそり立つ壁の前に力尽きてしまって。着水するとか時間足りなかったとか、そういうことじゃなくて。完全に「力が足りずに呆然とタイムアップを待つ」という状態。リタイア後のインタビューが無かったのはなんでなんだろう?
長野さんはもう、SASUKEのシンボル化されちゃってるから簡単に引退とかいえなくなってるのかもしれないなあ。

龍が如くで誰がSASUKEクリアできそうかな?って思うと、力也くらいが一番いいんじゃないかな?とか思うんだ。
冴島さんはパワータイプだけど、巨躯故の筋肉の重さで後半が無理。後スピードないし。同じような理由で2m越えの龍司も無理。筋肉ついてればいいって言うわけじゃないからねえ、SASUKEは。
谷村は確実にパワー不足。あれは腕を使う競技になったらダメだと思う。片腕懸垂がデフォの世界だろうし。
桐生さんはオールラウンダーだからいけるとは思う。ちょっと重いかな?っていう気はするけど。大吾は微妙。
背が高いと有利だけど、その分体重も増える。自重を片腕でコントロールできないと話にならないから、軽い方がいいにはいい。でも軽すぎると筋力が足らなくなる。
瞬発力よりは持続力のほうを重視している競技だからね。兄いはどうだろう?割と背が高いよね。慎重に物事運べないと3rdが辛そうだな。



さて、気を取り直して龍如です。
残り3回となった「峯義孝という男」、今回は兄貴分である神田(CV宮迫)です。宮迫だって気づかなかったんだよ、私w
恒例の諸注意からどうぞ。
相変わらず龍如く3のネタバレしてます。
妄想も絶好調!なるべく龍如3から引用したりして、ストーリーやキャラクターの言動と齟齬がないようにしていくつもりですが、もし「このシーンでこんなことを言ってたから、これは違うんじゃないか」と言う意見があった場合、言っていただけると助かります。ほら、妄想が暴走して史実を捻じ曲げることってあるじゃない?
それからもう一つ。あっちの項目ではこう言ってたのに、こっちでは言ってる事が違うじゃないか!と言う場合は、多分ゲーム内では読み取れなかった部分を推測しているので、そこは無限の可能性の一つがそれぞれこぼれていると思ってください。どの道私の偏見が混じっていますが。論点が横滑りしているかもしれませんが、まあそれは流れ着いた先が結論てことで。そんなにずれているつもりはない…はず。閑話休題の文字は乱立しています(笑)

そして一番重要なこと。タイトルどおり、つらつらと語りたい事は龍が如く3に登場するキャラクター「峯義孝」についてです。
というわけで これより先 峯義孝の事が好きでたまらない方は進まないことを推奨します。回れー右。
この一文で何がこれから何が語られるかご理解いただければ幸いです。

注意しましたよ?後悔しませんか?苦情はうつけつけませんよ?個人的な感想ですからね?

それではどうぞ!

兄殺しってどうなの?


2012-12-27 23:23  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

峯義孝という男:ブラックマンデー [峯義孝という男]

KAITO V3が安すぎてどうしような状態なので今日はさくっと行きましょう!!
ちょっと久々に「龍が如くやってる場合じゃねえ」な気分になってます!(私は元来KAITOクラスタ)

龍が如くは相変わらず遥ちゃんのサブストとアナザードラマとダンスレッスンで終わっています。
アナザードラマ、営業とかそういうのが結構楽しい♪でも、ミニゲームのガチ対決があるのが難点で、ビリヤード勝てなかった・・・(/_;)ビリヤードは3からずっと苦手です。
ちょっとアナザードラマも飽きてきたので、そろそろストーリー進めようかなあ?と思いつつ、ダンスレッスンに励んで遥ちゃんを育てています。

さて、短いですが今日はこの辺で本題に。
まずは注意事項から。
龍が如く3のネタバレ、それもラストまでがっつり言ってます。ネタ晴らしもいいところです。最後までプレイされていない方はご注意ください。楽しみが奪われるよ!
その上で私の妄想もがっつり上乗せされています。
なるべく龍如3から引用したりして、ストーリーやキャラクターの言動と齟齬がないようにしていくつもりですが、もし「このシーンでこんなことを言ってたから、これは違うんじゃないか」と言う意見があった場合、言っていただけると助かります。ほら、妄想が暴走して史実を捻じ曲げることってあるじゃない?
それからもう一つ。あっちの項目ではこう言ってたのに、こっちでは言ってる事が違うじゃないか!と言う場合は、多分ゲーム内では読み取れなかった部分を推測しているので、そこは無限の可能性の一つがそれぞれこぼれていると思ってください。どの道私の偏見が混じっていますが。論点が横滑りしているかもしれませんが、まあそれは流れ着いた先が結論てことで。そんなにずれているつもりはない…はず。閑話休題の文字は乱立しています(笑)

そして一番重要なこと。タイトルどおり、つらつらと語りたい事は龍が如く3に登場するキャラクター「峯義孝」についてです。
というわけで これより先 峯義孝の事が好きでたまらない方は進まないことを推奨します。回れー右。
この一文で何がこれから何が語られるかご理解いただければ幸いです。

注意しましたよ?後悔しませんか?苦情はうつけつけませんよ?個人的な感想ですからね?

それではどうぞ!

続きを読む


2012-12-26 23:37  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

峯義孝という男:當眞との交渉 [峯義孝という男]

Merry Christmas!!!
今日はクリスマスです!サンタさんは皆さんの元にやってきましたか?
わたし?日常がそのまますぎていきましたよ?
以前クリスマスイブにとても見事な角を持った雄鹿に出くわして、そのときはちょっとサンタさん信じたけど、よく考えたら鹿だったのでサンタさんは来ませんでした。今だったら確実にヘッドショットを狙いたくなる(冴島さんの影響)。
龍が如く5の世界も丁度このシーズン。そろそろメインストーリーをクリアする人も出てきたんじゃないでしょうか。
私はまだまだ遥編。アナザードラマとサブストをがんばってます。
遥ちゃんをかに道楽に連れて行くことも出来たし!ただ自腹なのが残念。おねだりで桐生さんに連れて行ってもらって!
遥ちゃんは本当に蟹が好きなのだそうです(横山P情報)。それを聞いたら蟹を食べに連れて行ってあげたくなるよね!



んでは、そろそろ終わりの見えてきた「峯義孝という男」のほうに参りましょうか。
相変わらずの諸注意から。
今回はがっつりばっちり龍が如く3のネタバレになっています。色々とストーリー的に先の展開やら「そうだったのか!」見たいな部分が出てきちゃうので、未プレイの方は要注意☆
妄想は相変わらずです。なるべく龍如3から引用したりして、ストーリーやキャラクターの言動と齟齬がないようにしていくつもりですが、もし「このシーンでこんなことを言ってたから、これは違うんじゃないか」と言う意見があった場合、言っていただけると助かります。ほら、妄想が暴走して史実を捻じ曲げることってあるじゃない?
それからもう一つ。あっちの項目ではこう言ってたのに、こっちでは言ってる事が違うじゃないか!と言う場合は、多分ゲーム内では読み取れなかった部分を推測しているので、そこは無限の可能性の一つがそれぞれこぼれていると思ってください。どの道私の偏見が混じっていますが。論点が横滑りしているかもしれませんが、まあそれは流れ着いた先が結論てことで。そんなにずれているつもりはない…はず。閑話休題の文字は乱立しています(笑)

そして一番重要なこと。タイトルどおり、つらつらと語りたい事は龍が如く3に登場するキャラクター「峯義孝」についてです。
というわけで これより先 峯義孝の事が好きでたまらない方は進まないことを推奨します。回れー右。
この一文で何がこれから何が語られるかご理解いただければ幸いです。
あ、でも今回はそうではないかも??

注意しましたよ?後悔しませんか?苦情はうつけつけませんよ?個人的な感想ですからね?

それではどうぞ!

當眞とは田宮大臣の秘書の事です


2012-12-25 23:13  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

峯義孝という男:金と力 [峯義孝という男]

遥ちゃん可愛いいいいいいい!!
もうな!アイドル正解!!いや、私はまだ望みを捨ててないんだけど!望みって言うのは桐生さんと遥ちゃんが一緒に暮らす事なんだけど!あのアイドルっぷりを見てるとだね!あれは将来大きくなるでえええっていうかビッグになるでえええ!!
ところで、昨日遥ちゃんのライブステージはDIVAやってたから何とかなるぜ!といってたのですが、その後本当にDIVAがやりたくなりPSPに移動、よりにもよって無印最難関の2曲をやりまくってしまいました。
結果、右腕が死に掛けです。あの手首の骨のないところ、あのラインがピンポイントでしびれてます。これはヤバイ。数年前、DIVAのやりすぎでシップ生活をし、あまりにもヤバかったからDIVAを封印して、でも代わりにやったゲームがBASARAとかいう「封印した意味ねえ」ってな事もやってましたねえ。でもDIVA楽しいんだからしかたない!!
今日も右手が痛いです。遥ちゃんのストーリーも進めたのでバトルしまくった結果、右腕ががが!な状態続行中です。

右手痛いので文字入力はこの辺で。例のあれ、続き生きましょう!
いつものように注意事項から。
龍が如く3のネタバレはあんまりないかもしれませんが、その分妄想が盛り盛りです。なるべく龍如3から引用したりして、ストーリーやキャラクターの言動と齟齬がないようにしていくつもりですが、もし「このシーンでこんなことを言ってたから、これは違うんじゃないか」と言う意見があった場合、言っていただけると助かります。ほら、妄想が暴走して史実を捻じ曲げることってあるじゃない?
それからもう一つ。あっちの項目ではこう言ってたのに、こっちでは言ってる事が違うじゃないか!と言う場合は、多分ゲーム内では読み取れなかった部分を推測しているので、そこは無限の可能性の一つがそれぞれこぼれていると思ってください。どの道私の偏見が混じっていますが。論点が横滑りしているかもしれませんが、まあそれは流れ着いた先が結論てことで。そんなにずれているつもりはない…はず。閑話休題の文字は乱立しています(笑)

そして一番重要なこと。タイトルどおり、つらつらと語りたい事は龍が如く3に登場するキャラクター「峯義孝」についてです。
というわけで これより先 峯義孝の事が好きでたまらない方は進まないことを推奨します。回れー右。
この一文で何がこれから何が語られるかご理解いただければ幸いです。

注意しましたよ?後悔しませんか?苦情はうつけつけませんよ?個人的な感想ですからね?

それではどうぞ!

お金は大事だとは思うんだけどね


2012-12-24 22:11  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

峯義孝という男:孤児という事 [峯義孝という男]

冴島さんで目標金額(200万)が溜まったので冴島編を終了させました。
だってさーー、どんだけ金を稼いだとしても、かぐやさんにプレゼントが送れないのよ?札幌にはプレゼントできるようなものを置いているお店がないのよ?まさかプレゼントに土産物とか食料品を持ち込むわけにはいかないじゃない!
なので、これはラストバトル前に自由に動けるようになってからいくらでも神室町でお買い物をしてかぐやさんに貢ぎまくる事にした!りくさんにもプレゼントしたいしね!
というわけで遥ちゃん編です。ダンスバトルが難しい><!
ステージバトルのほうはまだいいのよ。あれってぶっちゃけDIVAやってれば何とかなる。DIVAのエクストラモードの壮絶さに比べたらあれは何とかなる。私の右手を破壊したデPに比べたらまだマシだ。
でもなー。ストリートダンスのほうのバトル。あれがなー。
方向選択も必要って言うのがな。そこがごちゃごちゃするねん。それでミスって負けるとかね。
経験値とは別に能力を育てないといけない、って言うのが遥ちゃん育成のややこしいところだったりもします。



んでは、「峯義孝という男」行きましょうか。昨日のは妄想大暴走でしたが、今日もそんな調子で。
まずは定石の注意事項。
龍が如く3のネタバレ?はあるようなないようなかもしれませんが、龍がごとく3を一通りやっていないとわからない話もあるかもしれません。
私の妄想が酷いです。なるべく龍如3から引用したりして、ストーリーやキャラクターの言動と齟齬がないようにしていくつもりですが、もし「このシーンでこんなことを言ってたから、これは違うんじゃないか」と言う意見があった場合、言っていただけると助かります。ほら、妄想が暴走して史実を捻じ曲げることってあるじゃない?
それからもう一つ。あっちの項目ではこう言ってたのに、こっちでは言ってる事が違うじゃないか!と言う場合は、多分ゲーム内では読み取れなかった部分を推測しているので、そこは無限の可能性の一つがそれぞれこぼれていると思ってください。どの道私の偏見が混じっていますが。論点が横滑りしているかもしれませんが、まあそれは流れ着いた先が結論てことで。そんなにずれているつもりはない…はず。閑話休題の文字は乱立しています(笑)

そして一番重要なこと。タイトルどおり、つらつらと語りたい事は龍が如く3に登場するキャラクター「峯義孝」についてです。
というわけで これより先 峯義孝の事が好きでたまらない方は進まないことを推奨します。回れー右。
この一文で何がこれから何が語られるかご理解いただければ幸いです。

注意しましたよ?後悔しませんか?苦情はうつけつけませんよ?個人的な感想ですからね?

それではどうぞ!

続きを読む


2012-12-23 20:54  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]