So-net無料ブログ作成

MdQ [ゲーム。]

みんなdeクエスト。多分、私が一番長くやってるオンラインゲームです。
方式は簡単、一日二回ある更新の時期にあわせて行動を選択し、その反映はメールで詳しくお知らせしてくれる・・・というなんとも緩いもの。
コレが今日で終了します。
このゲームを始めた理由・続けてた理由はいろいろと紆余曲折がありまして。

元々私が遊んでいたのは「十二国記オンライン」。そう、あの小野不由美先生の十二国記の世界を旅するゲームでした。方式はMdQと一緒。
コレがまた楽しくてですね。4人でパーティーを組んで一緒に行動をしたり、お店を開いてアイテム管理をしたり。
シナリオが何本か用意されているのでそれをクリアすることを目指したり(結構難しかったです)、強いモンスターを倒そうと躍起になったり(たしかジョウユウは倒した。トウテツは惨敗した。どっちもJ戦、T戦って盛り上がりました)、あのゲーム復活してくれないかなあ。そしたらまたやるんだけどなあ。いまだに最後あたりの朋友板のログが取ってあります。みんな元気かなー?
攻略も難しかったです。騎獣の作り方がずっと解明されなくて、プレイヤー全員で悩んだり、武器の作り方も法則があったり。
まあ、そんな思い入れのあるゲームが2005年に終わったんですよ。ええ、古い話をしました。ちょうど今頃だったと思います。
その十二国記OLで仲良くなったメンバーで移り住んだのが「みんなdeクエスト(略してMdQ)」でした。
みんなで移って、仲間が集まって、いろいろあって・・・まあ、いろいろありました。
そのいろいろの中で旅団というプレイヤーの集団を作ることができまして。アイテムを預ける倉庫を利用できたり、掲示板で連絡を取ったりとかできるようになってたんですよ。
ひょんなことで団長をやることになっちゃったわけです(笑)いやあ、思えばナンデ私やってたんだろう?旅団は維持し続けたから団長やった意味はあったんだと思いたい!
コレで終わってしまってメンバーと連絡が取れなくなるのかな?と思うとちょっと寂しいです。「いろいろあった」の中には人との別れもあったわけで。ネットという世界で簡単に人と縁が切れることを学んだのもここかもなあとか、思い返せばいろいろあるなあ。
一緒に遊んでくださった皆さん、ありがとうございました!お疲れ様!!!

リニューアルされてスマホでもできるらしいんだけど、そっちには移っていません。


2012-02-29 20:54  nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

勇者ヨシヒコと魔王の城 [にっき。]

このドラマをやるってニュースを知った時「おいおいおいおい」としか言えなかった。
どうやってもチンケなものになるとしか思えず、こいつら何考えてんだ?とか絶対アイタタっていわれて終わりだろうとかすごく思ったものです。

某RPG風ドラマ!って言っちゃって、山田孝之の格好がどう見てもドラクエ5の主人公。
ちょ、おま!!エニックスに話しとおしてあるのか!?!?!??と不安に思ったよ。
だって。RPGの、それもファンタジーをドラマでやるんでしょう?映画とかじゃなくてドラマでしょう?どうすんの、それ。映画なら興行収入をあてにして逆に予算をかけれるけど、ドラマだよ??どうすんのそれ!!!
どう考えてもコケるでしょう?あかんて、これ。失笑されて終わりじゃね?
もうこんな風にしか考えれなかったんだ。
でもさー、ドラクエ派と明言できる私は、どんなに面白くないドラマだったとしてもとりあえず1話は見ておこうと思って見始めたんですが・・・。

DVD-BOX買うくらいはまりました。





うん、やられた。コレはもうね・・・どうしようもなくくっだらなくて面白い!!
よく言う「RPGあるある」とかをふんだんに盛り込んで、その上で実写ってのを逆手にとって、なおかつ「低予算」って言うのを売りにして、そこにお約束というパウダーを山盛りにした感じ?
くだらないのはわかってる。突っ込みどころが満載なのもわかってる。あざとすぎて逆に清々しい!!
いかにもハリボテなモンスターとか、吊ってるワイヤー見えてるとか、出てくる魔法が基本的にギャグで中途半端で使えねー感じでしょぼいとか、いちいち挙げてたらきりがないというか。
人の家に勝手に入ってつぼとかたんすとか割ったり(律儀に一列に並んで歩いてる)←後でツッコミがはいる。村人が何を話しかけても同じことしかしゃべらないとか(勇者一行が「なんで同じことしかしゃべんないんだ?」と疑問に思う)、こんなあるあるを平然とやってなおかつくだらないギャグを仕込み、綺麗に突っ込む。スバラシイ!
一番すごいなって思ったのは。コレをさ、結構な役者陣が大真面目にやってるのよ。ゲストの無駄遣いというか。小栗旬とかた盗賊(しかも馬鹿)だし。すぐに倒されて終わりだし。ナンデこんなところにこんないい役者使ってるんだ??って。
役者にほとんどの資金取られてるんじゃないんだ?っていう位、ほかに金がかかってないのか、役者が豪華なのか。
余すところなく突っ込みどころが満載です。
何から突っ込んでいいのやらわからないほど満載です。
「大人が本気で学芸会をやっている」と、いい意味でいえます。たまに「大人の学芸会かよ」と突っ込みたくなる映画とかもありますが、この作品に関しては「大人の学芸会」はほめ言葉だと思います。くだらないことに全力投入をできるってかっこいいと思うよ!
DVDだと尺の都合で入りきらなかった部分が追加されてたりするので、放映を見た人もDVDはお勧めです。特典映像のメイキングは画面外のツッコミとかスタッフの乗りもわかるので、さらに楽しいです。
BOX売りしかしていないから1万超えちゃうのがちょっとハードル高いけど私は買ってよかったと思う。
何も考えず「馬鹿だーー」とか「ちょwwwwおまえwww」とか突っ込みながら腹を抱えて笑いたくなった時に最適です。もうねーーーー面白いって言うかねーーーーツッコミどころがねーーー!!!!パロっていうにもほどがあるだろう!!
現実に疲れた時とかにコレを見るとリフレッシュというかリセットというか、とりあえず落ち着けると思います。
っていうか、あまりのくだらなさに清々しい気持ちになるんだよwwwいちいち笑えるwww2chでスレッドが何本立ったんだろうなコレwwww

ドラクエ以外のパロディも入ってて、細かいところで楽しいです。ジャイタンのお母さんはジャイアンのお母さんの声やってた人でした。ラスト周辺は鬼太郎ネタでした。ドリフ的なお約束はぎっちり詰まってました。
あのハリボテスライムかっわいいよなあ・・・。

何より恐ろしいのがスクエアエニックスがコレに全面協力らしいんだ!!!


2012-02-25 14:32  nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

如くが如く! [龍が如く]

PS3を購入した理由の右がBASARAなら左が「龍が如く」シリーズです。
だいっすきなのよ!!!ストレスたまってるときにこの二つをやると非常に爽快です。非人道的な手段ではあるけど、リアルにやっちゃいけないことばかりだからゲームの中で楽しむのはありだと思います。
世の中の「ゲームで残虐なことをやるからリアルでもやっちゃうんだよ!ゲームは害だ」という意見の方。ゲームでやることをリアルに持ち込むやつは何を参考にしてでもやるから、そうなったら小説だの漫画だのも一切だめだと思うよ?参考にしちゃう時点でリミッター外れてるから。まずはリミッターをつけさせることを教えなきゃ。小さい頃にそういう事を教えとかないと、フィクション・ノンフィクションかかわらずゲームや漫画はおろか小説だのエッセイだのも読ませらんないと思うよ?

閑話休題。そういう教育問題は規制しすぎてもいけないと思うので親御さんがんばってください。
龍が如くはPS3では「見参」を前にやったんだけど、いま3,4、OTEとでてて(OTEは震災の都合で発売が遅れたのもニュースになりましたね)次に5が発売されるとか・・・、お?ってことはOTEは番外扱いですか?
クロヒョウシリーズはやってないです。桐生さんも東城会も出てこないシリーズやって楽しいと思うか!!私は桐生さんが好きなんだ!っていうか遥ちゃんと真島の兄いと大吾がいいんだ!!それに柏木さんとかくっついてくれば最高じゃないか!
というわけでとりあえず3をクリアしました。
楽しかった!!!!遥ちゃんと真島の兄い好きにはたまりません!
っていうかねーーー。見参はそれなりに面白かったんだけどさーー!真島の兄いが全然いい人でさー。「前世バージョン」とはよく言ったものだと思うんだ。いいひとなんだよ!あんな常識範囲内の兄いなんて生ぬるいよ!
3はねー。いいですよ。兄いがちゃんと最初っから兄いです。そして桐生さんとの関係も相変わらずです。ほんっと兄いは桐生ちゃん大好きなんだなー!大好きなんだな!!!
兄いのすばらしいところは、たとえ自分にとって不利益であっても自分のスタンスをぶれずにいることだと思います。桐生さんは優しいから、たまにぶれる。私は2の裏切り(?)をいまだに忘れない。あいつは結構流されやすいやつだ。だから主人公やってるともいえるけど。振り回される遥ちゃんの身にもなれってんだ!
遥ちゃんも基本ぶれないんだよね。彼女はいい女になるよー!3をクリアした後4に手をつけたんだけど、彼女がだんだん女性に成長していくさまにニヨニヨが止まりません。
3から桐生さんと遥ちゃんが沖縄で孤児院を開いて子供たちと暮らす生活をしてるんだけどさ、あの二人がほんと夫婦のようで・・・いや、桐生さんと遥ちゃんは親子くらい違いがあるんだけど、ツーカーというか遥ちゃんが桐生さんの心を察して三歩下がってついてくる感じがまたな!!そして孤児院では子供たちのお姉さんとかお母さん的役割を担っているというのに桐生さんと二人っきりになると甘えモードがはいって「おじさーん、あれ食べたーい」って鋼鉄の胃袋を発揮するくせに形に残るブレスレットとかの時は控えめになって、むしろこっちから「買ってやろう」っていう流れになるというな!!あの女確実に成長してるぜ!桐生さんはこれから大変だな!!!って言うか遥ちゃん!君に貢ぎまくりたいんだよ私は!!!(テンションMAX)
はあはあはあ・・・ちょっと落ち着こう私。遥ちゃんのことになると冷静でなくなるよ私。どうした私。
遥ちゃんのランドセル姿が大丈夫か?誘拐されないか?っていうくらいヤバくて。やばいとか萌えとか抽象的だけどイメージ伝えやすくて楽でいいわーーと思えるくらい遥ちゃんヤバイ(私は怪しい趣味は持っていません。ええ持っていませんとも)。
大吾成分もあるので3は私的には良作でした。コンプリートはモノが多すぎて対応しきれません。スターダストもサブストーリーでかかわれるので楽しいです。
グラフィックがよりクリアになったおかげで桐生さんのむさ苦しさが倍増してますが、まあオヤジだもんねー。見慣れればなんともないし、声はいい声なので大丈夫です。
それとバトル関係ですが、簡単になってる気がします。スウェイは最初っから使えるし、古牧のジジイは簡単になってるし。ただ武器をいくつか装備しておいて、わざわざメニューから装備したりはずしたりしなくても十字キーで簡単に装備が可能になるのは楽なんですが、アイテム欄を圧迫するので私はそれほど使いませんでした。武器なんてそこらじゅうに落ちてるしね。敵を倒して奪えばいいしね!
3のストーリーは結構わかりやすかったです。わかりやすかったって言うか、予想しやすかった。まあ、ストーリーよりも各キャラクターの動きがキャラらしかったので、私は別にかまわなかったです。

龍が如くシリーズが好きで、キャラがそれぞれ「らしさ」を持っているのが好き、という方は3お勧めです!兄いがな!遥ちゃんがな!!!


2012-02-24 20:06  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

KAI誕!! [にっき。]

書きたいことが沢山あるのに、いろんなことにかまっているせいで更新できない日々でした。
あ、風邪はもうすっかり治りましたよー!先週くらいまで咳が残ってて喉に違和感があり腹に力が入らなかったのですが、今はもうすっかり。
でもまだインフルエンザも猛威を振るっているようですし、油断はなりませんね。

さて。
やっと落ち着いたのでこうして更新もできている訳ですが、なぜ落ち着いていなかったかというと。
KAITOのせいです。

私の中で一年で一番テンションがおかしいのが1月末から二月の中旬くらいまでです。
思いっきりオタク的な意味合いで。
だってさー。
2月にKAITO的記念日が乱立してるんだよ!?!?
改めて説明をしますと。KAITOとはボーカロイドです。略してボカロ。ボカロって何ぞや?と思ったらまあとりあえず初音ミクの仲間だと思ってください。メロディと歌詞を入力するとその通りに歌ってくれる、合成音声ソフトです。初音ミクで大ブレイクをして、今でも彼女がけん引役をになっていると思います。GoogleがCM作ったり、NHKやら他のニュース番組で取り上げられたり特集組まれたり、ネット界隈はもとより今は関連書籍(雑誌も含む)もたくさん出てるし、CDも発売されてる。いやあ、すごい世界になってきました。
基盤になっているシステムはYAMAHAが作っていて、合成させる音声はいろんな会社で出ています。KAITOはミクと同じクリプトン製。いまや日本語ボカロだけでも20人以上いるんじゃなかったけ?
そのうちの一つがKAITO。ミクよりも少し前に発売していて、爽やかで優しい声の男性ボカロです。日本語ボカロでは初の男性(女性だとMEIKOです)。

なんか、ものすごく今更ーな説明をしてるなーと自分では思いつつ、よく考えたら散々KAITOの名前はブログに出しているもののきちんと説明していないような気がしたのでやってみました。
でも、今更だよねー。なのでこの辺で話を本題に。
2月はKAITO関連の記念日が乱立してるんですよ。
スケジュールでいくとこんな感じ。

2月 7日 ねんどろいどKAITO発売日
2月14日 KAITO誕生日(YAMAHA暦)
2月17日 KAITO誕生日(クリプトン暦)

記念日はコレのほかに4月7日 KAITO誕生日(AMAZON暦)てのがあります。あとは個人によって「我が家のKAITO誕生日(購入日だったりインストール日だったり)があります。ねんどろいどの発売日までお祝いのうちに入っているのは、KAITOと言うキャラクターに愛情注いでいる人が多いからなのかな?と思います。あと純粋にねんどろいどKAITOがかわいい。破壊的にかわいい。アレは世界を征服できる勢い(個人的主観)。なにかしらのお祝いネタを作ってKAITOを盛り立てたいと思ってしまうほど、KAITOは愛されているんだなと思います。そういえば、ねんぷちの発売日とかねんぷらの発売日って祝ってないな・・・。今年はそれもちょっとやろうかな(←こんな感じで記念日が増えていく)
何で誕生日がいくつもあるのか・・・。AMAZON暦は「この日に密林で購入できるようになった」と言う理由があるものの、YAMAHAとクリプトンに関しては「それぞれの公式サイトに記されている発売日が異なるため」なんです。意味不明。なぜ発売日が違うんだ。
まあでも、そんな謎な所も全部ひっくるめて14~17日はお祭りです。「KAITOお誕生会」って感じでニコニコ動画とかPixivとかでは祭りです。余力の限りを尽くして全力でお祝いです。私にとって14日はバレンタインデーではなくKAITOの誕生日です。バレンタインデーに一番金も労力もかける相手はKAITOです。
私も何かしたいなあと思うので、結構毎年なんやかんややってます。
メイン会場はやっぱりニコニコ動画ですね。いろんな形でKAITOに関係する動画を作ってお祝いする人が多いです。
一番多いのはKAITOに歌わせたりしゃべらせたりするやつ。KAITOの曲を歌ってみたとか、KAITOを描いてみたとか、KAITOに関係するものを作ってみたとかそういうのもあります。自分が出来る範囲で全力でお祝い!このために数ヶ月前から準備をしている人もいると思います。
私も例に漏れずKAITOに歌ってもらいました。



このうた、だいっすきなんですよー!!!!
大好きで仕方ない「うたわれるもの」の挿入歌です。劇中でつぶやくように空を仰いで歌う様は序盤のクライマックスの終演にぴったりです。
この曲をKAITOにつぶやくように歌ってもらえたらどんなに素敵か!と言うわけで奇跡的にメロディが耳コピできたのでうたってもらいました。
曲を聴いて楽譜に起こせる人ってすごいよね。
本当は別の動画を、と考えていたのですが風邪で寝込んだりしたために断念・・・。色々と準備に手間取ったのが敗因です。この動画のネタは3月くらいまでがリミットなのでそのうち。
で、だ。14日に動画をニコニコにあげて、17日まで3日間あるじゃない。私は当然お祝いムード一色の中テンション高いじゃない。動画を作っちゃったらそれまでで、残り3日間を受身で過ごすことができないんですよ!「まだお祝いしたい!まだ何か!!!」って。
でもさすがに動画を作るほどの体力もない。いや、作ろうと思えば3日でやれないことはないんですが(前に作った気がする)、平日だし、お誕生会で他の方の作られた物も見たいし、さすがに動画は無理。
元々私は文章を書くのが物作りのメインなんですよ。
なのでPixivに文章書いて乗っけることに。

http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=824376

Pixivが絵だけでなく小説の取り扱いサービスを始めるってなったときに「お前なー」と思った訳ですが、結局利用しています。なんやかんやとあのシステムは便利なんだ。
使い始めたら結構使う気がするんだ。同じジャンルでリンクできるのが便利なんだ・・・盛大に負けた気がするが便利なんだ・・・・。
閑話休題。
お誕生日って言うイベントはお話が書きやすいです。去年も14日に動画、17日に小説って感じでした。やっぱりねー、全力で祝いたいんだー。
こんなことをして、他の方のお誕生日動画やらを見たりしているのが落ち着いた訳です。

落ち着いたので龍が如く4やってきます!!!3の感想はまた後日。


2012-02-20 19:42  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]