So-net無料ブログ作成
検索選択

レッツドライブ一泊二日!その1「佐野美術館をどうするか」 [にっき。]

今年の夏ごろにETCを搭載した我が愛車。
その主たる目的は「夏合宿で快適に高速IN・OUT」だったわけですが、それ以外にも目的がありました。

世間では刀ブームが公然と叫ばれており、TVで特集組んだり博物館が本気出したりしてるじゃないですか。
またそれか!!です。ええ、ですがこれは地続きの話。
今年の9月に高速道路かっ飛ばして桑名に行き、忠勝充をしてきたのは以前書いたんですが。
今回はその集大成、ええ、本物の蜻蛉切を見に行くのです!!!
あの時桑名で蜻蛉切の写しと出会ったことで、より一層「本物を見なければ」という思いが募りましてね。
いや、写しなら前から見てるんですよ。桑名のあったのとは別ですが、岡崎城にも写しがいくつか(?)ありまして。
そのうちの写真撮影お断りゾーンにいるのには何回か会いに行ってます。
で、だ。
三島にある佐野美術館で現在蜻蛉切(本物)が公開されているのです。来年の2月くらいまでの長期にわたり、市と刀剣乱舞公式がコラボをして大々的にやっているあれです。
最近軽率にコラボをしてくれるので、審神者の私たちは全国を右往左往している状態だと思います。
そろそろ徳川美術館で大掛かりなのやりません?おっきいこんのすけが来るようなやつ。あの美術館には何振もいるんだから、やりましょうよ。今年の春に4本並べたからしばらくないんでしょうかね?
軽率に展示しちゃうからチャンス見失ってるんでしょうかね?あ、コミケに出店してたりとかやることはやってますね確かwww

閑話休題。蜻蛉切です。
そして、静岡といえば、徳川家康公です!!!!!
なんぼね!地元がね!地元だって言ったってね!!!あの人あんまりこの地にいなかったからね!!!
生誕の地ではあるけど、なんだかんだとすぐに人質になって帰ってきたけど何年かしたら静岡に行っちゃったからね!!大体が静岡住まいだったからね!!最後の地も静岡だし、最初に埋葬されたのも静岡だし!!!!
お墓参り完結するには久能山に昇るしかないんですよ!!!(地元の菩提寺と日光はいった)
そして浜松ではいまBASARAともコラボしてるんですよ!!私が愛したゴンゲーンの等身大パネルが!浜松城にある!静岡熱すぎでしょう!!!!
これらをすべて回るとなると公共交通機関を使ってではロスタイムが出る。そして荷物の移動がめんどくさい。
結果、往復500キロ超を愛車でかっ飛ばすという一人旅を計画したわけであります。
ええ、ドライブ大好き!眠れる力を呼び覚ませ愛車!!←めったに高速乗らない&普段は山道走行なのでアクセルベタ踏みしたことがない。
さて、こんな気ままな一人旅。どうなったでしょうか。
何回かに分けてお送りしようと思います。


今回の目的は蜻蛉切ですが、こんなチャンスめったにないので久能山東照宮はきっちりお参りがしたいわけです。
そして自宅と佐野美術館(お宿は沼津)のちょうど中間地点に久能山東照宮とか駿府城とかがあるわけです。
というわけでざっくりとした日程(計画)。

1日目
自宅→静岡インター→「さわやか」で昼食→駿府城→久能山→お宿
2日目
お宿→佐野美術館→浜松→自宅

佐野美術館がどれだけ混むか、によるなあとは思ったのですが、午前の早いうちに並べばそんなに時間がかからないだろうと思っていたわけです。最悪浜松なら日帰りできますし、後日に回せれるなあと思ったので。
でも、この日は普通とはちょっと違う「特別な日」だったわけで…。
審神者たちにはとても有名になっている刀剣コレクターの方が、自身が所持している刀剣のいくつかを佐野美術館の展示に出してくださってるんですが。
11月12,13日だけの限定で「愛染国俊」と「小夜左文字」が公開!
これはちょうどいい機会なんじゃね!?!?ってなったわけですよ!!!いつ行こうか悩んでたタイミングだったので、これは!って思ったわけです!!
ですがしかし!こういう「限定で公開(しかも短い)」には審神者が群がる可能性が大!ええ、この直前にあった数珠丸公開(虫干し会)に3000人が押し寄せたという事例もあるし!信濃藤四郎の時も、あんな交通の便の悪いところにそんな早朝から!?だったし!歌仙さんの時もだし薬師寺で大倶利伽羅公開した時もだし、とにかく人が群がる!
これは一体どうすればいいんだろう?と、当初決めた予定を直前まで悩んでました。
さらに旅行前日、この「とある刀剣コレクター」の方が佐野美術館で講話をするとのこと!!この方、刀剣の研究(科学的分野で)をされてる方で、しかもお話がとても面白いのだそう。これは聞くしかないんじゃないか!!という気分に!!
この講話がどちらの日にちも午後から、ということに・・・・!
これは…予定してたスケジュールを逆にたどったほうがいいんじゃないか!?!?!そうしたら午後に佐野美術館に到着するし、そうしたら講話も聞けるし展示も見れるんじゃないか!?
たぶん現場には大勢の審神者が群がることでしょう。私が到着するのはどう見積もっても午後2時過ぎ、閉館とされている5時まであと3時間!
とは言っても5時閉館とか言っても時間で区切ることすらできないレベルで人はあふれるだろうから、並びさえすれば最終的には見ることができるはず。
1日目の午後なら遅くなってもかまわないし、とりあえず心の平穏を取り戻す&2日目の朝に早起きしたりやきもきする必要がなくなるのなら、いっそ一日目に佐野美!!!
すごく迷いました。この決断が功を奏したかどうかは判断が分かれるところかと思います。

佐野美術館は規模の小さな美術館です。国立博物館とかは別としても、われらが地元徳川美術館と比較しても規模が小さい。
だから展示してある量もそんなにないと踏んでいるわけです。
そして、展示が少なければ中にとどまる人も少ない→人の出入りはきっと早いと踏んだわけです。
それならば並んだとしても列は動くだろうし、そうなればなんとかなる!1時間くらいなら平気だよ!
この旅行の前の週に龍が如く6の体験会で余裕で1時間並んだ実績があるだけに、並ぶことに対して抵抗がない恐ろしさ。
立地からしても主要都市じゃない。新幹線は止まるけどこだまのみ。しかも西では明石と江雪が公開されててこんのすけもあっちに行ってる。さらには厳島神社奉納演舞の日!!!!
これは!!きっと!!!穴場!!!!

……。ええ、なめてました。審神者の行動力を。


2016-11-21 20:00  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]