So-net無料ブログ作成
検索選択

そうだ、京都行こう [にっき。]

ドラクエビルダーズおもしろいです。
購入した土日、特に日曜日にやったあれこれがちょっとミスを犯してしまったが故にやり直しをする羽目になってみたりしましたが順調に時間だけが過ぎていきます。
現在メルキドを卒業してリムルダール。
近い場所に土を掘れる場所が乏しい為(遠出すればないわけではない)街を掘りまくって土をゲットするという事態になっています。
元あった街の欠片もないwメルキドは割と残したんですけどね。ほぼほぼまっさらな空間に自分の好きなように部屋を作ってます。

さて、話は変わりますが。
先週の土曜日に京都に行ってきました。何年振りだろう?一時期は毎月とか毎年とか行ってた京都ですが、ここ数年は足が遠のいていました。
ほら、昨年9月に大阪日帰りしたじゃん?あれは「京都って日帰りでいけるんだよな・・・」と画策してたのを転用したにすぎないんですよ。本来は京都日帰りプランだったわけです。
昨年祖父が逝き家庭構成ががらりと変わった件で、私の中のストレスがマッハになった時期があったんですよ。その時に「そうだ、京都に行こう」って逃避行めいた妄想をしてまして。あれをポジティブに転用したわけです。

で、だ。
世間では刀ブームが公然と叫ばれており、TVで特集組んだり博物館が本気出したりしてるじゃないですか。
……。去年読んだフレーズだって?だって同じ理由なんだもん!!
今回本気を出しているのは京都です。博物館がーとか街の刀屋さんがーとか言うレベルじゃない。市です。市内のありとあらゆる所でコラボっているんです!
例えば嵐山電鉄。ラッピング電車が走ってたりスタンプラリーがあったりグッズ販売があったり!全力コラボ!
例えば刀剣男士とゆかりのあるお寺!御朱印巡りと題して、4つの神社が専用の御朱印用の台紙を作成!
他にもゆかりのある神社に等身大パネルが設置されてて撮影OKだとか、特別展で刀が見れるようになっているとか!
そして今回旅のメインは京都国立博物館!
刀が展示されてるだけじゃない。その音声ガイドを該当声優さんがやってくれるという!もちろん普通の音声ガイドもあるので、興味のない方はそちらでもよし。本人(?)から本人の説明・・・自己紹介?をしてくれるのをニマニマするのもよし。刀匠の話もしてくれるので色々と勉強にもなります。
残念ながら1月17日を持って展示が終わってしまった刀もありますが、一振りはこれまでも何度か展示があった刀だし、地元美術館となんかたくらんでそうなのでそれ待ちというのもあるし、もう一振りは北野天満宮で展示がされてるのでついでに行けばいいし!
という訳で朝一番、開館前に並んで行ってきました!!
すごい人でしたよ。それでもピーク時は数時間待ちだったこともあったのでまだまだマシな方なのでしょうが。
私たちが行った時は割と自由に眺められたのですが、壁際にそって展示されてる刀たちを見ているうちに人が多くなったのか、いつの間にやら「壁際展示を見る人とそうでない人」を分ける柵ができてました。それがずずっと続いてて、朝一で来ておいてよかったねーと同行者のS井姉さまと胸をなでおろした次第。
私のお目当ては陸奥守吉行。坂本龍馬の刀です。これも刀剣乱舞が始まってから「あるよ!」と名乗りをしてもらったもの。京都にあっただなんて・・・!という状態です。
坂本龍馬が暗殺された時にこの子が活躍していたら歴史が変わったかもしれない、というロマンあふれる刀。
日本史上でも1,2を争うレベルで人気のある坂本龍馬の愛刀ですから、それが存在するって言うだけで幕末ファンのみならず沸き立つという物です。
刀自体は龍馬の家族の元に返された後に家族ごと北海道に渡ってそこで火災にあった為、反りがなくなってしまったとのこと。刀ってそういう風に反りがなくなるのね。わずかに残る刃紋を目を凝らして眺めてきました。
刀はその刀だけでなく、持ち主や来歴にロマンがあるよね。S井姉さまもそういう物にロマンを感じる人なので二人して静かにテンションあがってました。
二人とも刀剣乱舞プレイヤーなので並んでる刀は一通り知ってたわけですが、二人して「印象変わった」と声をそろえたのが宗三左文字でした。ゲームのキャラクター的にはそうでもないのに、あの刀の圧倒的な存在感。あれは欲しがるわ。信長も名前刻んじゃうわ。
隣に並んでる同じ左文字派の刀で宗三左文字の兄弟刀である江雪左文字に似てるという刀とは印象が全然違う!
あの刀が、あのキャラクターって言うだけでなんかもう見る目が変わりました。あの子怖いわ。恐ろしいわー。あんな綺麗でなよんとした風貌であの刀ってギャップすごい!内に秘めてるもののケタが違うかもしれない!!
他には一見かわいらしい(私の担当基準が厚籐四朗なので基準はおかしい)秋田籐四朗の目釘穴がいくつもあいてたり(それだけ色々と修正されてるってことよね)、膝丸が思いの外静かな印象の刀だったり、菊御作の説明に思わず笑ったり(てか、三種の神器なくしたのが悔しいから自分で作るって)、他の展示室が仏像とか狛犬とかで二人のテンションが爆上がりだったり!
狛犬とか獅子とか毛並みの豊かなのをもっしゃもっしゃしたいです。撫でくり回したいです。神社等で狛犬を見るたびに思います。
博物館の後は四条に出て町屋風のレストランでランチを食べ、北野天満宮に向かう事に。
四条から鴨川沿いを歩きながらタクシーを拾おうとしたら三条大橋まで歩いたので「ここまできたら寄っていい!?」と大好きなせんべい屋さんに行きました。
ここのぶぶあられがほんとおいしいのよー。スプーンですくって食べたいレベル。

船はしや:http://www.funahashiya.com/

相当量の種類があるおかきやせんべいに目移りするんですよね。ついつい買いすぎるのが難点。今回はセーブした!でももっと買っておけばよかったって後悔してる!!
その後タクシーで北野天満宮へ。
大きな狛犬(かわいいです)を眺めながらいざ境内!以外にも二人とも、来ようと思ってきたのは初めて!
私は遠い記憶のかなたに来たことがあるような、ないようなです。
御存じ学業の神様、菅原道真公が祭られています。とはいえ学問から離れて久しい私たち二人が、ここで何を願うのだろう?と考えた結果、道真公が学問だけじゃなく仕事もできる男だった事を思い出し「仕事関連のお願い事じゃな?」ということになりました。道真公はほんとできる男だよ。出来過ぎて雷も落とせちゃうくらいだよ。
ここでぱらりと小雨が。
伊勢でも熱田でもお参りをすると雨が降るんですよね、ほんと。一説には神社に参拝した時に雨が降るというのは縁起がいいらしいのですが、傘をさすのがめんどいので人間サイドはあまり歓迎したくない。
元々降水確率が高かったこの日、いつ降るかわかんないなとは思ってましたが等々我慢がしきれなかったか。
まだぱらり、という程度なのでもしかしたら持ち直すかもしれないと宝物殿で雨宿りもか寝よう、様子を見ようという事に。
こちらには3月まで「鬼切丸」が展示されているんです。もちろん、刀剣乱舞にも登場!現在入手ルートがないレア刀で名前は「髭切」。これと膝丸は名前がころころ変わっているのですが、鬼切丸、カッコいい名前だよね?個人的には「獅子の子」も割と好きです。膝丸だったら「薄緑」ってのが雅だなあと思う。
奉納刀が結構多く、前田家がすごい奉納しててびっくりでした。割と最近(とはいえ昭和初め)のもあったりして、前田家すげーな加賀百万石ぱねぇって思いました!
後、なんの冗談で作ったのかわからない脇差がありましたが・・・奉納目的だと結構好き勝手やるものなのね。
あの脇差を見てると縦横比が変になりそう。
ここには「髭切」のパネルがありました。綺麗なお兄さん(我が本丸には実装済)です。闇は深そうだけど。

所で、私はずっと行きたかった神社がありました。
京都に行き始めてからずっとその神社に行きたくて、地図を片手にうろうろしたんですがどうしてもたどりつけなかった、という思い出のある神社です。
それは「大将軍八神社」。暦をつかさどる八神を祀る神社で、仏像やら暦に関する資料やらがある神社。
星座が御朱印帳に描かれていて、今の御朱印ブームとかいう波に乗っかっているらしいです。
行きたいけど、たどりつけなかった神社。北野天満宮のすぐ近くなんですよ。
S井姉さまにその事を話したら「チャレンジしてみる?」とありがたい言葉を戴けました。
なのでレッツトライ!!
探してさまよっていたあの頃と今は時代が違うのですよ!そう!私の手元にはスマホがある!グーグルマップさんがついている!!ナビればいいのよナビれば!!!
という訳でスマホを起動させてレッツGo!
北野天満宮の目の前の細路地を歩いて、ほんの380メートルの所にあるんです。
なんで具体的な数字を知ってるかというと、北野天満宮の交差点の向かいの細路地に道案内の看板が出てるから。
「たどりつけなかった神社」としか行っていなかったからS井姉さまはさぞやマイナーな神社だろうと思っていたんでしょうが・・・。この看板を見た時は驚いてたなあ。この看板は前もあったんだよなあ。でもたどりつけなかったんだよなあ。
2回トライしてだめで、今回もだめだったらもうそれは結界張られてるんだよ。あきらめよう、そんな慰めをしてくれました。
でも!きっとグーグルさんならやってくれるはず!!
そう信じて、彼の言うとおりに歩いたら神社らしき屋根が見えてきまして。あ!グーグルさんさすがや!となったわけです。
商店街の真ん中にあるこの大将軍八神社、ガイドブックに載るレベルなのに地元に愛されてる感、商店街と一緒になって街を盛り上げようとしている感があってとても好感が持てます・・・が、たどりつけない!!
頼りにしてたグーグルナビさんはまさかの裏口へ案内(当然閉ってる)、本気で結界か!私を阻んでいるのか!!今回は一人じゃないのに!姉さまと一緒なのに!と嘆く始末。なぜ、私を、阻むの。
神社の屋根を見ながら細い路地を折れ折れしてたどり着いたのは「さっき曲がらずにまっすぐ行ったらたどり着けてたよね」な入り口。
おぉぉぉ・・・・・!!ここか!ここが大将軍八神社!!!星読みの神社!!
ざっくりとこの感動をお伝えしますと(後で簡単にまとめます)、なんで私がこの神社に来ようと思った理由は安倍晴明なんですよ。
歴史上の人物で誰が一番好き?と聞かれると安倍晴明なんですよ、私。最近は家康公がブームですが。
安倍晴明といえば陰陽師。陰陽師というのは立派な役職名でして、主な仕事は暦作りです。呪術師みたいに呪ったり祓ったりってのもまあ、仕事といえば仕事ですが、国家公務員として重要だったのは星を読んで暦を作ること。星の位置や光り具合から天候や気候を予測して、一年の暦を作るのが仕事です。
「天地明察」って言う映画があったじゃないですか。あれも星を読んで暦を作る映画だったと思います(まだ見てないし原作も読んでないので多くは語りません)。あれ、ああいうの。
そんな暦づくりに欠かせない星の動き。それに関する神社が「大将軍八神社」!

つまり!
晴明公!→陰陽師!→星読み!
という萌の推移です。これが邪念だったのかしら?

ほんとね、探しても探しても見つからなかった神社にようやっとたどり着けたわけです!感激!大好き!ありがとう!!!!
五体当地したくなるレベルでしたが宗教が違うのでやめました。
その代わりお賽銭を少々上乗せして、たどりつけた感動をご報告。
御朱印を頂こうかと社務所に向かう途中に神主さんとすれ違いました。
・・・うん、社務所にはだれもいなかったよ。「神事の為15分くらい留守にします」というメモ書きがあったよ。
広い社務所の休憩室みたいな所で、朗々と流れる祝詞をバックにしばしの休憩。
朗々・・・としていたと思ったら、なんか途中で激しくなったりなんだったりで、まるで演劇を聴いているかのよう。
神社でお祓いをしてもらったり、地鎮祭とかできく祝詞では聞いたこともないような祝詞(?だんだん怪しくなってきた)にびっくりでした。
そうこうしてる間に雨が我慢しきれなくなったのか降りはじめまして。北野天満宮のように今度は止む事はないだろうなあと覚悟をした次第。参拝した後に降るよね、ほんと。
何を吉とし何を凶とするかは人それぞれですが、グーグルマップさんに裏口を案内されぐるりと巡る時間を取られなかったらこの祝詞(?)は聞けなかったのかな?とか、社務所で休憩してた時に現れた他の参拝者さんがなんと北京から来た人で、晴明神社をお参りしてからどこかほかにないかな?と探してたどりついたとか(この一連の情報は、近所に住んでいるという祈祷をお願いに来たおじさんにより引きだされました)、巡りあわせの奇妙を感じました。
さて、本気で降り始めてきた雨から逃げるように豆腐スイーツのお店でひと段落し、この日のノルマをオールクリアしているのもあり、朝も早くて正直眠いので京都駅に帰ってお土産を買ってご飯食べたら解散!という事に。
私が買うお土産、それはもうお土産という名の買い出しです。
以下、箇条書きに。

・お漬物(千枚漬け・しば漬けきゅうり・すぐき・九条ネギ・柚子長いも・丸茄子の芥子漬)
・八つ橋(チョコ味と焼いたバージョンと皮だけのもの)
・生麩(ヨモギと粟)
・乾燥湯葉(鍋に入れるとおいしいよ!)

これに午後一で買ったおせんべいも含めて、手荷物がいっぱいに。
肩下げ鞄にしたのは手を開けるためだったのです!この時の為に!
一泊の旅行だったら錦市場まで行って買いあさっていたことでしょう。
これだけのお土産を買うのにまたもや姉さまにお付き合いいただきました。京都はおいしいものがあるからいかん!
力尽きた二人は駅で早めの夕食を取ってお開きに。
ほんっと楽しかった!!次は太秦もいいよね!伏見とかも行きたいけど、ちょっと遠いからまた考えよう!
ちょっと残念だったのが、京都に行く時には必ず寄っている東寺に行けなかった事。
ご挨拶したかったけど、またの機会にします。


2016-02-19 20:00  nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]