So-net無料ブログ作成
検索選択

ジジイクリア! [龍が如く]

龍が如くのだいご味は、やっぱり素手で殴って何ぼだと思っています。
そして、そのあたりにおいてある椅子とか酒瓶とかで相手をぶん殴れる「街中で喧嘩をしている」感だと思います。
というわけで、刀だの銃だのやってる維新の世界でも私は基本的に素手で遊んできました。

そうするとどうなるか。

格闘のレベルばかりが上がってしまい、等々先日Lv25(カンスト)に。
これはまずいなー・・・という訳でレベル開放することになりました。
でもね。
レベル開放するためには格闘で獲得できるスキルを全部習得しないといけない。
スキルを習得するためにはスタイルのレベルアップの時にもらえる球(以後「色球」)を使うんだけど、格闘Lvのアップの時にもらえるのは1Lv毎に1個だから当然25個しかない。でも格闘で得られるスキルはそれ以上にある。
つまりねー。桐生さん(誤)自身のレベルアップで獲得する球(以後「白球」)を使わないといけないわけです。
私はそれまで「各スタイルのスキル獲得には色球を使う」という風にしてきたのです。なので本人レベルの分だけ白球が余ってました。
あ、ちょっと違うか。「相手の刀を弾き飛ばす」スキルを獲得するために一刀と短銃だけ白球を先行して使いました。後で色球と交換できるので、レベルが上がるごとに色球に差し替えている状態です。

閑話休題。色球だけではレベルキャップ開放はできないのです。
仕方ない、と断腸の思いで格闘に白球を敷き詰め、いざ向かうは格闘の師匠の元!!!
はい。古牧です。古牧のジジイです。私の因縁の相手ともいえます。
私の因縁の相手は真島の兄いではないんです。亜門でもないんです。古牧のジジイなんです。
もうさ。毎回苦労するんだよね。たかが修行。クリアしたらそりゃあスキルアップはするけど、ストーリーが進むわけじゃないし。サブイベなわけじゃないし。
達成感がラスボスはもちろん、亜門よりもなく、かといって簡単にクリアできるわけじゃない。むしろ全力で挑まないと勝てない。
戦わなくて済むなら素通りしたいんだけど、レベルキャップ開放したいので決心して倒しに行く事に。
準備は万端。所持品は回復薬で埋め尽くされ、ヒート状態も常に維持。
弟子?うるさいハエは先にたたきました。あれを排除するまでにどれだけジジイからダメージを食らわないかが勝負の分かれ道だと思います。
一度戦って後一撃の所で倒され、すぐに再戦しようとしましたが私の右腕がイかれてダウン。
日をおいてもう一度挑戦したわけです。

勝った。勝ったよ。勝ちましたよ!!!!

どうだジジイ!!!強いだろう!桐生さん(誤)は強いだろう!!!!
これで格闘はもう一周できます。
あと短銃がそろそろLv25になるので、次の準備をしようかと思います・・・が白球たらないので桐生さん(誤)のレベルと他のスタイルのレベルをあげないとなあと思っています。

本編は今6章が始まった所です。
そろそろ史実の出来事がゲームの世界でも起こり始めるようで、どんな風に展開させてくれるのか楽しみです。
ところで、5章を終えて私の感想なのですが。
ネタバレになるので反転で叫びます。

デッドリスト作ろうぜ!!!! 某じっちゃんの名にかけてる名探偵の孫アニメみたいに作ろうぜ!!! そして死んだら×印つけようぜ!!!

5章が終わった時に思いました。
登場人物が龍が如くのキャラクターなんだけど、龍の世界とは性格が違ったり同じだったりで楽しいです。
特に柏木さん(誤)!
だって、柏木さんは龍が如くの世界では最初から桐生さんと親しいじゃないですか。だから「初対面の柏木さん」とか「まだ信頼してくれていない柏木さん」が新鮮なんですよね。他人行儀だとかぞくぞくする!!
私の中で柏木さんは、龍が如く1の冒頭で風間のおやっさんはすげーんだぞーってやってた柏木さんだったりもします(笑)正直な話、冷麺よりもそっちの方が印象的で(まあ冷麺はストーリー上のおまけみたいなもんですが)。ああ、この人風間の親父大好きなんだなあ、って。
それから桐生さんのこともすごく買ってるなあって感じなんですよ。
龍本編では最初っからそんなんだから、維新の一歩距離を置いて接している柏木さん(誤)って初めてなんですよ。
要するにだ。今までデレの部分しか知らなかった大好きなキャラクターが実はツンデレで、今絶賛ツンの状態から攻略を始めている感じなんですよ!!!もうなーーースキーーーー!!
だってさ、兄いは最初っからああじゃないですか。初対面じゃなかったはずの龍本編でもあんな感じじゃないですか。常に臨戦態勢でぎらっぎらしてるじゃないですか。われらが天使:冴島さんだって初対面はあったし、そんなに印象変わらないじゃないですか。
でもなーー!!柏木さんはなー!桐生さん以外の他の組員連中にはあんな感じなのかなとか、龍3で若頭やってた頃は他の幹部にもあんな感じなのかな、と維新の中での井上源三郎の扱いを見ながら思いました。
今まで見たことない柏木さんなんだけど、それでも確かに柏木さんなんだよ!!!
柏木さんのことだけで色々と語れたりします。もーなー!

あ、そうそう。ワンコを1匹また飼いました。骸街にいたワンコです。これでワンコ2匹、猫1匹の生活です。まだワンコ1匹、猫2匹が残ってるんだw
ちょっとむしゃくしゃしたことがあったので、桐生さん(誤)でチンピラぶちのめすよりも癒しを求めました。ワンコかわいいよワンコ!!


2014-04-03 20:06  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

  ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
 

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]